中国語テキストを視点を変えてリラックスして攻略する方法

カフェ

中国語テキストを小説のように読むおすすめの勉強法を紹介します。

 

テキストをテキストとして読むのではなく小説のように読んでみましょう。

 

そんなことができるのかと思うかもしれませんが、それは気の持ちようです。視点を変えればアジアの旅行記のように中国語の教科書を読むこともできます。

 

これができたらテキストの理解力も高まっていきます。正攻法がダメなら、視点を変えてみましょう。視点を変えると違った風景が見えてきます。


中国語テキストの視点を変えるおすすめの5つの場所

そうは言ってもなかなか視点が変えれない人へおすすめなのが環境を変えることです。例えばこんな風にするのはどうでしょう。

 

カフェ

カフェで勉強すると集中する人っていると思います。わたしもそうなんです。集中します。今もパソコンを持ち込んでスターバックスでこの記事を書いています。カフェでコーヒーを飲みながら優雅にテキストを眺めてみてください。

 

電車

電車も違った風景が見えてきます。そしてなぜか本を読みたくなります。通勤通学の電車でも旅先の電車でも試してみてください。

 

空港

実はわたしは空港が好きです。飛行機に乗るときは早めに行って空港でのんびり過ごします。トランジットも大好き。急いでも急がなくても関係がない時間はのんびりできます。飛行機を見ながら中国語ペラペラになったときのことを妄想するのもひとつの勉強法です。

 

海辺にアウトドアの椅子を持って出掛けてみてはいかがですか。ここも風景が変わり、いつもの教科書が教科書らしくなくなります。ここがポイントです。リラックスするときは集中しやすいときです。机に向かっていたときよりも頭の中に入ってくるはずです。

 

外国

外国で中国語のテキストを開いてみてください。上海でも台北でも。目の前に中国語を使わなきゃいけない場面があります。何が大事なフレーズで何が大事じゃないフレーズかすぐにわかりそうですね。

 

上海

リラックスと集中のいい関係を中国語に活かす

小説を読むように中国語テキストを読むことは実はこんな関係がポイントになっています。

 

リラックスと集中

 

普段は集中しないといけないと思います。そして思えば思うほど心がブロックするはずです。リラックスするとうまく集中できるのはカフェで勉強する例で実証されているはず。リラックス、集中どちらか一方だけではいけないので、家でもなく、図書館でもなく、カフェが集中するのです。

 

上手く使い分けてテキストを攻略してみてください。攻略するとまた違った景色が見えてきますよ。著者の癖がわかったりします。



チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語