難しい中国語を簡単な単語で言い換えよう

わたしも台湾旅行中は難しい中国語の言い換えの連続でした。

 

例えばこんなエピソード

 

わからない単語:台湾の特急列車の名前

 

明日はあの列車に乗る予定だけど何という名前だったかな?

 

・新幹線じゃなくて
・普通列車じゃなくて
・台東まで行く列車
・白色のボディに赤いライン
・座席がゆったり

 

こんなことをいうと台湾人が答えてくれました。

 

わからない単語の答え:普悠瑪(プユマ)号

 

この単語は辞書には載っていません(笑)

 

台湾鉄道特急

 

台湾人が答えを言うと、わたしは「あーそれそれ!」と思い出しました。

中国語単語のメルマガの感想メール

中国語を簡単な単語で言い換える方法に感想メールがきています。

 

<感想メール>
単語を言い換える訓練は素晴らしいですね。
これで「もつ鍋」も怖くなくなりました(笑)
本当にありがとうございます。

 

「もつ鍋」という単語を電子辞書で引く人がいます。それより簡単な単語で言い換えた方が相手とのコミュニケーションもスムーズです。

 

ある程度の単語を覚えるとこの言い換えがスムーズにいきます。

 

ではある程度というのはどのくらいか。

 

まずは無料で配信しているメルマガ500単語が基礎になります。

 

その後、約1500単語くらいを自在に操ることができれば旅行や友達との会話がスムーズにいきます。楽しくなります。

 

見える景色が違ってきます。

 

その後に専門的な単語を覚えたり、電子辞書を使ったりすればいいと思います。

 

1500単語は点ではなく線でつなげるのがコツです。

 

線でつなげるということはどういうことかというと、わからない単語を簡単な単語で言い換えるときに起こる脳の動きです。

 

シナプスがつながる」という言い方もできます。

簡単な中国語単語を脳内シナプスでつなげると何でも説明できる

中国語1600単語を2週間で覚える方法のオリジナル教材を受講する人のコメント

 

<コメント>
■単語の悩みもしくは意気込み:
始めたばかりなのですが、単語力はやっぱり必要だなと感じています。
これで、沢山覚えたいと思います!

 

まずはこれを覚えて簡単な単語でどんどん難しい単語を言い換えていきましょう。そうすると表現できることはこの1600単語にとどまりません。

 

子育て中の人へ

子育てをしながら中国語を勉強している人は、これを子供の言葉に当てはめるといいです。難しい単語は簡単な日本語で言っているはずです。

 

最近物忘れがひどい人へ

「あーあれあれ、あれ何という名前だったけ、テレビで見たやつ」こんな会話をしている人もいますよね。このときに簡単な単語で言い換えて説明しているはずです。これも言い換えと同じです。これを中国語バージョンにすればOKです。

 

まとめ
ある程度中国語を話せるようになるためにはこの順番がポイントです!

 

1.基礎単語を覚える
2.難しい単語を言い換える
3.単語と単語を脳の中でつなげる(シナプス)



チェック
今では中国語を話すようになりましたが、ゼロから始めた頃の自分に向けこんな教材があったらいいなと感じたものを具体化して教材をつくりました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語