台湾好きな中国語初心者へ

台湾好きな人がたくさんメルマガに登録しています。

 

台湾が好きで勉強を始めたいと思った人も多いですね。これから中国語を勉強する人に次回の台湾旅行でぜひ試して欲しい勉強方法があります。

 

台湾のコンビニでの勉強方法です。

 

台湾にはセブンイレブンもファミリーマートもたくさんあります。日本でも馴染みのあるコンビニなので中国語初心者にはピッタリの勉強方法です。

 

5つの勉強方法を紹介します。

 

台湾セブンイレブン

台湾のコンビニで中国語を勉強する5つの方法

商品を買う

単語】まずは商品を購入します。これは意外とハードルは低く中国語ができなくても購入することはできます。言葉を話さなくても完結します。しかしここで言葉を発しましょう。最初は短い言葉でOKです。

 

トイレの場所を聞く

文法】次に少しステップアップ。トイレの場所を聞いてみてください。「トイレ」「どこ」の単語の発音を覚えないといけません。そして語順を考えないといけないので簡単な文法が必要になってきます。トイレの場所以外もフレーズを用意しておくといいですよ。自分の発音が通じるか通じないか発音チェックにもなります。

 

台湾だけの商品

流行単語】セブンイレブンでも台湾だけにしかない商品もあります。お土産を選ぶ感覚で見ても楽しいです。一方で日本にある商品もすべて漢字表記になっているものもあります。生きた新しい単語を知るいいチャンスです。日本のカタカナやひらがなが漢字になっているとおもしろかったり違和感があったりします。

 

カフェでくつろぐ

リスニング】台湾のコンビニには日本より広いくつろぎスペースがあります。ここで台湾人の会話を聞いてみてください。特にスタッフは同じ言葉を繰り返すので初心者にはリスニングのいい勉強になります。「いらっしゃいませ」「合計いくらです」など。

 

店員さんと会話

スピーキング】店員さんが暇そうなら思い切って話掛けてみるといいかもしれません。駅への行き方など質問形式がスムーズかもしれませんね。台北の繁華街のコンビニは忙しそうだけど、田舎のコンビニはのどかな時間がゆっくり過ぎているところもあります。

 

台湾コンビニ

台湾のコンビニで中国語を勉強しよう

コンビニだけでも意識すれば中国語の勉強になる材料がたくさんあります。わたしはセブンイレブンのセブンカフェでコーヒーを飲みながらよくリスニングしていました。

 

人間観察も楽しいですよ。日本と同じこともあれば思わぬ日本との違いにも気付いたりします。

 

コンビニは不特定多数の人が来ます。台湾人の共通点を見つけるにはおすすめのスポットです。



チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語