効率的な中国語勉強法のコツで短期間習得を目指そう

中国語短期習得法

中国語を短期間で習得する効率的な勉強法を紹介します。結局身に付いて中国語を話せるようになればわかるのですが、必要なことを必要な順番で学んでいけば最短コースでマスターできます。

 

もちろん独学でも習得できるので参考にしてください。

 

大事なのは習得する順番です。長い間勉強していてもなかなか上達しない人はこの順番がちぐはぐなのだと思います。必要なことからやっていけば自然と上達します。子供が言葉を覚えるのもこの順番です。大人は仕事に関連付けて頭の中をイノベーションしていきましょう。


視点を変えれば中国語に必要なことが見えてくる

一般的にこんな順番で中国語を勉強していると思います。

 

1.テキストで勉強
2.試験を受ける
3.仕事にする

 

これを逆にするだけで習得コースは最短コースになります。

 

1.仕事にする
2.試験を受ける
3.テキストで勉強

 

2.の試験を受けるはなくても構いません。

 

視点を動かすだけです。簡単です。

 

しかしこのシンプルな考えが、なかなかできず難しいこともわかります。

中国語を仕事にする具体例と勉強のコツ

では、仕事にするを分析していきましょう。

 

これは要するに「ある程度の緊張感を持って中国語を話す環境を整える」ということです。なので、中国語をこれから勉強しようとしているのになかなか中国語の仕事なんて見つからないよという人も多いと思います。

 

なので、探すときの切り口を中国語にせずに探しながら、結局中国語を話す機会を得るという考え方にするといいんです。

 

例えば1.
中国人留学生がバイトしているコンビニや居酒屋で一緒に働くのもいいでしょう。これだったら面接で中国語の有無を問われることはありません。百貨店も最近は中国人観光客が多く来ているのでいいかもしれません。

 

例えば2.
もうすでに仕事をしている人はボランティアという方法もあります。都道府県や市役所に行くと観光課や国際課という部署がありボランティアを募集しているところが多くあります。ボランティアといえども仕事のように取り組むと中国語の成果は出てきます。教室はお金を払っていきますがボランティアは無料で中国語を学べる教室と思えばやる気も湧いてきます。

 

例えば3.
今の仕事を強引に中国語に結びつける。今はまったく中国語と関係ない仕事をしていても、もしもお客さんが中国人だったらとか、もしもこの仕事を中国でやったらとか想像してみましょう。実際やるほどの緊張感はありませんが、これがいつか仕事に結びつくきっかけになります。

 

イノベーション

 

自分の頭の中の中国語をイノベーションするんです。

必要なことがわかると中国語習得も効率的になる

繰り返しますが大事なのはシンプルに考えて順番を動かすこと。

 

1.テキストで勉強
2.試験を受ける
3.仕事にする

 

この順番を逆にするだけで見える景色は違ってきます。

 

1.仕事にする
2.試験を受ける
3.テキストで勉強

 

「いきなりできないよ~」という人も多いかと思いますが、仕事にすると時間の制約がありスピードを持ってやらなければいけないので必要なことが見えてきます。なので効率的な中国語習得の勉強ができるのです。



チェック
今では中国語を話すようになりましたが、ゼロから始めた頃の自分に向けこんな教材があったらいいなと感じたものを具体化して教材をつくりました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語