中国語日記を継続させて語学力を上げるやり方

中国語日記

初心者におすすめの中国語3行日記の書き方を紹介します。

 

例文が気になる人も多いですよね。書き方にはコツが必要です。いい文章を書くというよりも最初はシンプルな文章を書いて継続させるほうがいいのです。

 

以前、毎日1回、1日3行日記を書いてもらって1カ月添削したことがあります。簡単な3行日記だと10分間以内で書くことができます。中国語日記で語学力が急上昇させるコツはこのシンプルさを継続させることです。


3つのポイントで効果!中国語日記の書き方のコツ

中国語3行日記の効果的な書き方のコツです。

 

いろんな方法があると思いますが、この方法は最短で中国語が上達する方法です。自分でもやってみた経験談です。そしてそれを中国語初心者にやってもらって添削した経験もあります。

 

ポイントはこの3つです。

 

簡潔

 

継続

 

添削

 

簡潔

ついつい書きたいことが多くなる人がいます。ネタが無いと言う人もいます。しかし継続させることが大事です。

 

習慣→継続→経験

 

3行日記は習慣にして継続させて経験にするのです。まずは習慣にするためにシンプルな文章を書いてください。

 

継続

継続させるためにいろいろ書かず「型」を決めておくといいです。例えばこんな感じです。

 

○回目
中国語3行日記
日本語訳(任意)

 

シンプルにしないと続きません。重要なのは中国語3行日記です。やる気を継続させるために回数も毎回明記しておくといいです。日本語訳は書いても書かなくてもOKです。中国語だけで通じるかどうかがポイントなんです。

 

添削

書き終わった3行日記はぜひ添削してもらってください。1番いいのは身近なネイティブの友達がいるといいです。これをきっかけにさらに仲良しになれそうですね。

 

今はインターネットがありLINEもfacebookもあります。中国語3行日記ブログを書いてもいいと思います。

 

仲の良いネイティブを見つけてLINEでどんどん訂正してくれるとあっという間に中国語力は付くはずです。

 

どうしてもネイティブの友達がいないし見つからないという人へおすすめなのが「Lang-8」というインターネットの無料サイト。世界中のネイティブの人が添削してくれるし、あなたも日本語を添削することができます。名前を検索すると出てきます。

中国語日記を書くときに気をつけること

3行日記を書くときに気をつけること

 

間違いについて

 

日記を書くときに間違ったらいけないと思う人がいます。添削前に「自信がありませんが。。。」という人がいます。

 

間違ってもOKです。というよりも間違った方が勉強になります。3歳児が言葉を話すように間違いを気にせず日記を書いてください。最初は小学生が書く文章からスタートしましょう。こんなハンバーガーを食べた文章なんていかがですか。

 

3行日記例
今日のランチを食べに行きました。
ハンバーガーを食べました。
美味しかったです。

 

ハンバーガー

 

簡潔(シンプルに)
継続(まずは1カ月間)
添削(ネイティブの人を見つけて)

 

この3つポイントを押さえてやってみてください。中国語日記はどんどん伸びる勉強法です。