テキストとNHKテレビで中国語で理解できず語学スクールへ

駅前留学

中国語の勉強を始めたきっかけから話す
わたしの中国語物語(全15回)

 

エピソード3

 

1週間の台湾一人旅から帰ってきて重い腰を上げて勉強を始めました。まずは大きな本屋に行きテキスト選びをしました。

 

何かゼロから始めるときはいつも本をチェックします。図書館に行くことも多いのですが、中国語のテキストは本屋の方が豊富にあり、新しいものほど内容がいい気がして本屋に行きました。(中国語を話せるようになった今では「新しい=いいテキスト」という方程式は違うことに気付いています。)


テキストもNHKのテレビで中国語もチンプンカンプン

まずはテキストを勉強しました。買ったテキストは2000円くらいのテキストで英語を例に書いてありました。しかしゼロからやるにはチンプンカンプンでやる気が続きません。

 

次にお金を掛けずにやる方法としてNHKテレビで中国語を見ることにしました。実はこれも最初はチンプンカンプンでした。話せるようになった今ではなかなかいい構成になっていることに気付いたのでみんなにおすすめしています。

 

NHKのテレビで中国語も最初はチンプンカンプンだったのに今はおすすめしているという理由は、攻略法がわかったからです。同じ材料でも料理の仕方で美味しさは違ってきます。この攻略法は後日ゆっくりこのサイトでも紹介します。

自由会話というクラスで1週間に90分間駅前留学

プチ留学

テキストも買ったし、NHKのテレビで中国語も見るようになったけど、まったく内容もわからずチンプンカンプンで上達する気配も感じないまま時間だけが過ぎていきました。これでは台湾一人旅に行ったときに誓った中国語を勉強する意欲がだんだん失われていきます。

 

これではいけないと思い中国語教室を探すことにしました。しかしここには次の壁がありました。初級中級上級とレベルアップしていくクラスばかりでした。1週間に1回90分で1カ月4回で1万2000円でした。いろいろ調べましたが一般的な料金で高くも安くもないと思います。しかし自分にとっては高いと感じました。これでは中国語の勉強が続かないのではなくお金が続かないと思いました。

 

するとそこに自由会話というクラスがありました。半額の価格で格安でした。ただ自由に会話をするだけです。先生はネイティブの中国人。このクラスの生徒は留学経験者が中国語を忘れないようにするために通っている人がほとんどでした。

 

スクールの人にこの自由会話のクラスを受講してもいいですかと聞くと、「ダメじゃないです」と言われました。ダメじゃないということはOKということかと拡大解釈してこのクラスに通うことにしました。

 

後にも先にもこのゼロからのレベルで自由会話のクラスを受講したのはあなただけですと言われました。無謀だけれど語学にはその無謀さが大事なんですよねとも言われました。

 

会話だけであまり老師も準備をあまりしなくていいので安いと言っていました。

 

ということで1週間に90分間日本でプチ留学することになったのです。エピソード4に続く…




チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語