日記で中国語を上達させるコツがわかり語学曲線またも上昇

中国語日記

中国語の勉強を始めたきっかけから話す
わたしの中国語物語(全15回)

 

エピソード12

 

どんどん中国語を話せるようになっているもののまだまだもどかしい。。。もっともっと思ったこと言いたいことを話したいと思うようになりました。これだけでも進歩です。

 

ミスチルのライブを見に来た台湾人の友達のエピソードの通り1日で上達することもあります。しかしやっぱりもどかしい。なのでここで文法をやり直すことにしました。


自然な流れで中国語を勉強して上達させる方法

正解

 

1.交流
2.会話
3.勉強

 

トップページにも書いている通り、この順番をおすすめしているのですが、まさにこの順番の通りになっています。このときはこの順番にまだ気付いていません。自然とこの順番になっているのです。

 

ということはこの逆の順番でやっていて、何年も勉強しているのに上達しない人は逆の順番に気付いてないということですよね。

 

不正解

 

1.勉強
2.会話
3.交流

 

なかなか気付くのは難しいことです。

中国語文法をシンプルに考えることをヒラメキ実行する

さてさてもどかしさを克服するために文法をやり直しました。テキストをパラパラめくりながら考えました。

 

シンプルな方法はないのか

 

今このテキストの中に入っていくと森に迷い込みそうでした。森に迷い込むのではなく、この文法の森を大きな山として捉えたかったのです。

 

何回かパラパラとめくっているとヒラメキがありました。

 

アイデア

 

簡単にいうと
SVOなのです。

 

SVOとは
主語(S)+動詞(V)+目的語(O)

 

ここにどんどん単語を当てはめていけばいいことに気付きました。

簡単な中国語日記を書き文法と単語を覚えるコツがわかる

単語の数も膨大にあり、もちろん覚えきれていません。まずはお気に入りのテキストの巻末にある1600語の単語を覚えようとしました。

 

しかしそんなにすぐは覚えられません。ということで日記を書くことにしました。日記といっても小学生の低学年のような日記から始めました。

 

ご飯を食べました。
ラーメンです。
おいしかったです。

 

仕事をしました。
夜遅くまでしました。
疲れました。

 

花火を見にいきました。
とてもきれいでした。
夏が好きです。

 

こんな簡単な3行日記です。

 

これをネイティブの人に添削してもらいました。最初は本当に小学生のようでしたが、だんだん単語も覚えていき、単語数も増え、とっさのときでもすぐにいいたいことが言えるようになりました。

中国語が難しいのではなく日本語の発想力の問題

これはとてもいい勉強だと思い、中国語を勉強をしている人におすすめしたら意外な答えが返ってきました。

 

ネタが続かない。。。

 

もはやこれは中国語の問題ではなく、日本語の発想力の問題です。中国語の勉強で壁を感じている人は日本語の問題が大きいことに気付きました。これは後日、わたしが中国語を教えることになったときに大いに役立ちました。エピソード13に続く…



チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語