ミスチルのライブチケットを手にした台湾人と中国語会話

ミスチルの終わりなき旅

中国語の勉強を始めたきっかけから話す
わたしの中国語物語(全15回)

 

エピソード10

 

すっかり中国語脳になり、集中して勉強する気持ち良さも感じることができ、それからは中国語を話したくてウズウズしていました。

 

そんなときに1通のメールが来ました。台湾人の友達からでした。日本に行くので遊びませんかという内容でした。Mr.Childrenのライブがあるので台湾から来るそうです。ミスチルのライブは人気で東京も大阪もチケットが取れなかったのでここにしたそうです。

 

こちらとしてはラッキーでした。中国語を話せるチャンスが向こうからやって来たのです。


ミスチルの終わりなき旅のような人生を歩む台湾人

この台湾人の友達はエピソード1に出てきた台湾人の友達の友達です。1回だけ日本で遊んだことがあります。普段、日本に住んでいてもなかなか友達なんてできないけど、旅をするようになって友達が増えました。旅するときはお互いに素の自分を見せれているのかもしれません。

 

この友達をNとしましょう。Nは日本語をほとんど話せません。だからこそいい勉強になったのです。日本語は話せないけど日本各地を旅行しています。英語でなんとかなるそうです。日本人もいざとなったらカタカナ英語でなんとかするそうです。Nがお客さんのときは買物でもホテルでも交通を利用するときでもなんとかなるそうです。

 

日本人は英語が話せないから海外旅行が不安で行けないという人も多いです。なんとかなるので行ってみたら今までにない景色が広がるはずです。Nは日本語は話せないのにミスチルの歌詞はわかると豪語していました。ミスチルを聞いて感動したり勇気がでたりするそうです。

 

 

きっとこの歌の中国語訳も見ているんだと思います。逆にこの歌の中国語訳をわたしが見ると中国語の勉強にもなるんだと思います。

壁があっても乗り越えたところに中国語の楽しみがある

Nとの会話は日本語をほとんど話せないという壁があるけど、この壁を乗り越える楽しさがありました。一緒にご飯を食べに行っていろいろ話しました。最初はいろいろわからない単語もあって質問していましたが、だんだんこちらもわかるようになり、そしてNも簡単な中国語を組み合わせ表現するようになっていきました。簡単な中国語だからと言って幼稚な話しではなくちゃんと大人の話でした。

 

会社のグチ将来の夢も話すことができました。このNの好きな言葉は「勇氣」でした。聞いていると日本語の勇気と同じ意味でした。この勇氣を持って終わりなき旅をすると言っていました。

 

この1日の時間が自分の中国語力を大きく成長させました。単語を知らないから会話できないんじゃなくて、単語を知らなくても会話する方法を学習しました。簡単な単語でも会社のグチや将来の夢も語り合えるのです。エピソード11に続く…



チェック
今では中国語を話すようになりましたが、ゼロから始めた頃の自分に向けこんな教材があったらいいなと感じたものを具体化して教材をつくりました。

習慣デザイン中国語

毎日1回90日メールします!