中国語の簡体字と繁体字の覚え方

漢字が好きです。漢字フェチと言ってもいいかもしれません。

 

最初は日本の旧字体に興味を持ちました。中国語の勉強を始めるずっと前の話です。画数が多い漢字を見てこっちのほうが気持ちが伝わるのになんで簡単になったんだろうと思っていました。

 

例えば「気」です。旧字体は「氣」です。漢字の成り立ちを読むと人は米を食べて気力を発すると書いてありました。それからいろんな漢字の成り立ちを調べました。

 

まだ解明されていないことも多く漢字の成り立ちには複数の説があることもわかりました。

 

台湾の歯医者

中国語の簡体字と繁体字と白川静の旧字体

そんなときに出会った本が白川静の本でした。図書館に行けば分厚い辞書があるので知らない人はパラパラ見てみてください。

 

漢字について研究している人でした。そこから漢字について書いてある白川静の本を読みました。Amazonで検索するとたくさん出てくるはずです。

 

まず自分の名前の成り立ちを調べました。そして身近な人の名前を調べました。次に地名を調べました。

 

いろんな意味がありたまには怖い意味もあります。

 

成り立ちを調べるときに甲骨文字を紐解くことが多いです。絵文字のような文字もあります。

 

白川静は功績を認められ台湾で講演したこともあるそうです。甲骨文字から紐解くと繁体字も日本の漢字も簡体字もその枝葉であって元は同じです。台湾で講演を聴いた台湾人も興味深かったに違いありません。

 

中華圏に行ったときに漢字だらけの看板にワクワクするのはこんな理由もあるのです。

 

台湾のマクドナルド

漢字フェチから中国語の簡体字と繁体字を勉強

最初は繁体字にワクワクしました。画数の多い日本で見ない文字を見て意味を予想するのが楽しくてたまりませんでした。台湾に行ったときも香港に行ったときもワクワクしました。漢字を見ているとずっと昔とつながっている気がしました。

 

特に香港の繁華街の漢字の看板を見たときは心が踊りました。見るものすべてが画数の多い繁体字でした。

 

 

簡体字は最初は興味が薄かったのですが、この簡略化には意味があっておもしろいと思うようになりました。例えば「東」の簡体字の「东」は日本人が書道を書くときの草書のようです。よくこんな的確に簡略化したなと思います。

 

フェチ×中国語

 

フェチと中国語を結びつけると早く上達します。

 

わたしの場合、フェチのひとつが漢字です。漢字と中国語と中華圏が結びつきました。何でもいいんです。歌手でもいいし食べ物でもいいし。

 

マンゴー×中国語
五月天×中国語
台湾鉄道×中国語
三国志×中国語
世界遺産×中国語

 

マンゴーが大好きで毎夏台湾に行くという人もいました。五月天は台湾のミュージシャンです。鉄ヲタ台湾バージョンの人もいるでしょう。阿里山鉄道は世界でも有名な山岳鉄道です。三国志や世界遺産を極めているフェチもいるはず。

 

興味が深いとそれだけ中国語への興味も深くなります。わたしの場合の漢字フェチのように。

 

関連記事
メルマガで勉強する中国語の簡体字と繁体字



チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語