中国語を使う機会が少ない人へ

地方創生

中国語の文法、発音(ピンイン、四声)を勉強していると思います。大事なことです。本当に大事です。しかし、その中国語を使わなければせっかくの勉強が水の泡になります。

 

今度旅行に行くときに使おうとか、中国語が上手くなった外国人話しかけようといっていても一向に使う機会がない人がいます。それでは上達しません。勉強して使わないと語学は上達しないのです。

 

そんなこといってもこんな田舎に住んでいたら中国語を使う機会なんてないという人もたくさんいます。そんな人に今回は地方創生というキーワードで中国語の勉強の提案をしたいと思います。


地方創生プロジェクトで中国語の機会をゲット可能

最近話題の地方創生。簡単にいうと東京ばかりでなく地方も活性化しようという動きです。有難いことに補助金も出て行政がこれを活用しています。この活用しているところに狙い目があります。

 

行政は補助金が欲しい

行政は国からどうにか補助金をもらおうと考えます。

 

補助金をもらうためには目的を示さないと

でも補助金をもらうためには企画書が必要です。

 

そうだ最近外国人に話題のスポットがある

そこで日本全国の市町村が思いつくのが訪日外国人の観光のためのプロジェクトです。他にもありますがこれが多い。

 

これをさらに活性化させよう

今も外国人が来ているけどこれを整備してさらに活性化させよう。トイレやWiFiやインフォメーションセンターやホームページややることはたくさんありそう。人材も必要だ。

 

活性化すると街も活気づく

活性化すると外国人ももっとやってくるし、街も活気づく。何より若者が田舎に魅力を持ちそうだ。

中国語を勉強していると地方創生の仕事に有利

インバウンド

こんな流れがあります。あるところにはあるんです。地方に外国人と接する仕事が増えてきました。正社員の仕事もあれば気軽なお手伝いもあります。ボランティアもあります。

 

田舎ではまだまだ中国語を話せる人は少なく、もし中国語を話せれば重宝がられます。だって日本に来ている外国人のほとんどはアジア人です。韓国人もいますが中国語が通じる中国、台湾、香港、シンガポールから来ている人が大きな割合を占めています。

 

まだ話せなくても履歴書に中国語勉強中と書けばプラス評価につながります。

 

なんでこんなことをいうかいえば地方創生プロジェクトのサイトを見たからです。全国各地の地方創生が紹介してありました。静岡にまず台湾人ブロガーを呼んで着物体験など実際にやってもらい静岡の良さを台湾人に発信してもらおうという試みです。こちらがその動画。

 


逆算で考えると地方創生の仕事は中国語上達の近道

日頃からこのサイトでも行動してみたら中国語が意外と早く上達すると伝えています。逆算で考えるので結局近道を通っていくのです。

 

まだ中国語ができなくても仕事を始めるのは可能です。求人サイトに中国語と入力したらいろいろ出てくるようになりました。こちらに求人サイトはまとめてあります。そして地方創生プロジェクトのサイトもリンクしてあります。興味のある人は行動を開始してみてください。

 

語学を活かす求人の探し方はこちら

 

中国語上達の方法はいろいろありますがこれも1つの方法です。



チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語