リオオリンピックのCCTVニュースで中国語を勉強

リオオリンピック

リオオリンピックが盛り上がっています。

 

テレビ見ていますか?もし見ているならついでに中国語の勉強をしましょう。

 

これからどうやって勉強するか紹介します。この記事を読んでいるということはインターネットがあるはず。インターネットがあれば無料で勉強できます。

 

今回は勉強の方法とそのメリットについて書いていきます。

 

旬な話題はそれだけ脳に刻み込まれやすいんです。これを利用しましょう。語学は生き物なので机の上だけの勉強だけでなく世間の流行を追った勉強も有効になることがあります。

 

それではブラジルのリオオリンピックの中国CCTVニュース動画で勉強スタート!


リオオリンピックで中国語を勉強する具体的方法

ここでは中国のテレビ局CCTVのオリンピックの動画を取り上げていきます。中国語初心者の人は聞こえてくる内容をすべてをわかろうとしなくてもいいです。興味あることや繰り返していうことに注意して動画をみましょう。オリンピックの特徴としてこういったことを繰り返して言います。

 

選手名
国名
競技名
数字(タイム・重さなど)

 

この4つを気を付けて動画を見るだけでも中国語単語の勉強になります。

 

卓球

まずは卓球。日本では福原愛に注目しますが、中国では金メダルをとった丁寧と李暁霞のニュース構成です。福原愛の視点で卓球を見ていた人は、違う視点でのニュースなのでおもしろいはず。ひとつの現象を二つの視点から見れるいい機会です。日本のスター選手である福原愛がいるので馴染みのある競技。中国語も耳に入ってきやすいと思います。福原愛の中国語発音をまずは覚えましょう。

 

 

高飛び込み

日本ではなかなか放送されない高飛び込み。しかしちゃんと競技は行われています。すべてを聞き取れないときは何かを決めて聞き取るとその単語だけ聞き取れてきます。この高飛び込みの動画の場合は回数を聞き取るといいかもしれません。1回目、2回目、3回目など、これがわかると見ていてリズムが出てきます。

 

 

重量挙げ

女子重量挙げは三宅宏実だけではありません。中国には中国のエースがいます。69キロ級では中国が金メダルを獲ったので国家が流れます。2:00あたりから始まります。日本のテレビではなかなか流れないので貴重です。

 

 

バレーボール

オリンピックは国名の中国語を勉強するいい機会です。波多黎各がどこの国かわかりますか?正解は「波多黎各+中国語」で検索してみてください。

 

リオオリンピックで中国語を勉強するメリット

中国語を勉強している人がCCTV(中国のテレビ)でリオオリンピックを見るメリットをまとめておきます。

 

流行のことは頭に入ってきやすい
日本の視点ではなく中国の視点で見ることができる
スポーツに関する単語を覚えやすい

 

オリンピックの日本人選手を見て一喜一憂だけでなく、中国語を勉強している人は勉強に組み込んでいきましょう。絶好の機会です。

 

関連動画

福原愛の中国語動画まとめ

石川佳純の中国語動画まとめ



チェック
今では中国語を話すようになりましたが、ゼロから始めた頃の自分に向けこんな教材があったらいいなと感じたものを具体化して教材をつくりました。

習慣デザイン中国語

毎日1回90日メールします!