中国語を勉強する目的はありますか?

あなたは中国語を勉強する目的はありますか?

 

いろんな目的があると思います。勉強する以前の問題として目的が大事です。

 

目的があると自然と関心がそちらに向き、脳はスイッチがオンになった状態になり、目的に関係する情報をどんどん取り込むようになります。自然と脳が動き出す感覚です。

 

中国語の目的

 

どんな中国語の目的でもいいのですが、中国語が上達した人の目的を聞いているとマニアックな目的の人が多いです。マニアックという言葉を言い替えると具体的ということになります。

 

では具体的とはどういうことでしょうか?

具体的ではないありがちな中国語勉強の目的

あまり具体的ではない例からいうと

 

・中国語ぺらぺらになりたい。
・中国語を話せると仕事探しに有利だから

 

一見良さそうな目的ですが心と直接していないので、途中で挫折する人が多い目的です。ここが入り口で深い目的をつくれば上達速度も早くなります。

マニアックで具体的な中国語勉強の目的

わたしの目的や中国語を話している知人の目的でマニアックで具体的のものはこんなものです。目的というより状況も含みます。状況もより具体的なほど興味関心が出て中国語の勉強がプラスに働きます。

 

・来月台湾旅行に行くので中国語を上達させたい。
・台湾人歌手のジェイ・チョウが好きだ。
・シンガポール人と結婚する予定。
・シンガポールの日本企業で働いている。
・中国に転勤になった。
・台湾映画「一頁台北」が好きで日本語無しで見たい。
・大連から来た留学生と友達になった。
・漢字文化を研究したい。
・外国人観光客と接する仕事をしている。
・成田空港で仕事をしている。
・中国人の彼女ができた。
・台湾人の彼氏をつくりたい。
・昔からテレサ・テンの歌が好きだった。
・中国に鉄道の旅に行きたい。
・三国志マニアだ。
・中国株に投資している。
・台湾コスメを研究中。
などなど

中国語の勉強と目的の関係を脳科学する

考えれば考えるほど出てきます。中国語と目的の関係を整理するとこうなります。

 

1.目的を具体的に持つ
2.好奇心が生まれ興味と関心が高まる
3.脳が動きはじめる
4.中国語の情報が脳に入力される
5.記憶として脳に残る

 

目的を持つことがいかに重要か伝わりましたか?何でもいいのでマニアックな目的でいいんです。恥ずかしいことでも人に言えないことでもいいんです。

中国語の勉強も好奇心が大事

脳から見ても人間は関心が向かないとなかなか覚えることができません。中国語への好奇心が鍵になります。年齢も関係ありません。何歳になっても少年少女のような純粋な好奇心を持って語学である中国語を勉強してください。

 

まとめ
中国語の勉強の記憶の鍵は好奇心。



チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語