スマホ無料アプリを使って1週間で中国語自己紹介完成

スマホ無料録音アプリを使った中国語勉強方法を紹介します。

 

目標:1週間以内に伝わる中国語で1分間自己紹介をマスター

 

ポイントはこちらです。

 

1分間自己紹介
音読する
スマホ無料アプリを使う
ネイティブに手伝ってもらう
1週間以内に完成

 

まずは順番にやっていきましょう。順番を間違わなければ最速で1週間以内に中国語ペラペラになります。1週間以内ということは3日の人もいるはずです。自分でペラペラになるというよりも、まわりの人にペラペラと思われます。スマホアプリとネイティブの力を借りる方法です。

スマホ無料アプリを使った中国語ペラペラのステップ

1分間自己紹介を日本語で書く

これは中国語の力とは関係ありません。自分のことを日本語で書いてみてください。それを音読してみてください。音読が1分間続けばそれで完成です。30秒でも3分でもいけません。1分ぐらいがちょうどいい長さです。まとめる力が付きいい勉強になります。

 

音読する

次にこの1分間自己紹介を中国語で書いていきます。中国がまだできない人は、Google翻訳の力を借りましょう。この時点では間違っていいのでとりあえず仕上げましょう。時間も掛けてはいけません。出来れば10分ぐらいで終わらせてください。Google翻訳だったらボタンひとつで完了です。コツはセンテンスを短くすることです。

 

悪い例(センテンスが長い)
台湾が好きで行ったときは必ずタピオカミルクティーを飲み台湾人の友達と会うことにしています。

 

いい例(センテンスが短い)
台湾が好きです。台湾に行ったら必ずタピオカミルクティーを飲みます。台湾人の友達と会うことにしています。

 

日本語はセンテンスが長い方が聞きやすいです。しかしまだ中国語の勉強を始めたばかりの初心者はセンテンスを短くするのがおすすめです。Google翻訳も比較的正確に作動し間違いも発見しやすく訂正しやすいです。

 

ネイティブに添削してもらう
ここでネイティブに添削してもらう必要があります。そんな人がいないという人は意地でも見つけてください。これは中国語の能力とは関係無いところです。中華料理屋のお姉さんでも、留学生でも、コンビニで働いてる人でも誰でもOKです。自分が外国人の日本語1分間紹介を添削することを考えれば相手に必要な時間がわかります。お願いしましょう。

 

スマホ無料アプリを使う

今回のポイントです。スマホ無料アプリをダウンロードします。これはスマホ持ってる人に限定されますが、もしスマホ持っていれば勉強にとって有効活用できるのでおすすめです。わたしはiPhoneなのでこのアプリをダウンロードしました。「録音」「無料」などで検索してみてください。

 

スマホアプリ

 

そして、これに1分間自己紹介を録音します。そして自分で聞いてみてください。最初からできる人はいません。最初はダメダメだと思います。自分の中国語はこんなものかと落胆するはずです。最初はそれでOKです。落胆してからの伸びに期待してください。

 

ネイティブに手伝ってもらう

次にネイティブにこの自己紹介を発音してもらってこの無料アプリで録音しましょう。1分間で済むことなので頼むとやってくれるはずです。これがネイティブの発音です。もし2人や3人ネイティブの友達がいる人はそれぞれあなたの自己紹介を発音してもらい録音しましょう。その違いも勉強になります。

 

1週間以内に完成

これを毎日聞いて毎日発音します。だんだんこのネイティブの録音した発音に近づいていきます。1週間もあれば十分です。3日くらいで近づいていく人もいるでしょう。

 

最後にそのネイティブに1分間ちょうだいと言って自分で中国語で自己紹介をしてみてください。通じるはずです。もし違う中国人がいたらその人にも1分間自己紹介をしてみてください。通じるはずです。最速で中国語ペラペラになる方法です。1分間自己紹介限定なら相手はあなたのことを中国語ペラペラとだと思うでしょう。

 

中国語ペラペラの道はこういったことの積み重ねです。

 

まとめ
スマホアプリで無料のものは積極的に活用しましょう。中国語の力が加速して上達します。



チェック
こんな教材があったらいいなと思うものを中国語初心者だった過去の自分に向け作成しました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語