中国語会話の学校に行く前に身に付けたい3大動詞

3大動詞

中国語の会話の学校というものがあります。最近はスカイプレッスンもあります。

 

しかし何も勉強せずにゼロからいきなり行くのはもったいない気がします。教室に行くのと同時に自宅で猛勉強してもいいんですが、やっぱり事前に勉強していたほうが安上がりで節約できます。お金がたくさんある人は別にいいんですが。。。

 

独学するにしてもいきなり難しい問題集を買う前にやることはあります。いきなり難しい問題集を買ってもこれも浪費になるパターンが多く問題集がタワーのように部屋に積んである人もいます。

 

今日は中国語の基礎の基礎、3大動詞の話です。これを知っておくだけでもスタートダッシュは随分違います。


中国語らしい会話になる最短最速3大動詞勉強法

3大動詞とはこちらです。

 

有/没有
在/不在
是/不是

 

否定形も一緒にピックアップしました。知っているよという人もいると思います。基本中の基本だからです。しかし中国語会話で使えますかと聞いたらなかなか使えない人も多いはず。

 

これを会話で使えるようになると途端に中国語らしくなります。最短最速勉強法です。

中国語3大動詞で中国語を攻める

有/没有

これだけで会話が成り立つほどです。実際、台湾人カップルが観光旅行中に女性がどんどん話して、男性が有/没有だけを言っている場面に遭遇したことがあります。この場合は中国語のリスニング力が必要になりますが、返事は有/没有だけで成り立ちます。日本人でもこんな男性いますよね(笑)。

 

在/不在

漢字の通り存在を表す動詞です。漢字文化圏で生活しているので日本人にとってはわかりやすいです。漢字文化圏以外の欧米人はこのニュアンスの違いをどうやって理解しているのか不思議です。漢字文化圏のメリットはどんどん活かしましょう。

 

是/不是

これもこれだけで会話が成り立ちます。是の中国語発音は最初は難しいんですが、マスターするとこれだけで文章のリズムがとれて中国語らしく聞こえます。わたしはまだ中国語を勉強を始めたばかりの頃「是」の発音だけ1時間中国人に習ったことがあります。このときはイジメかと思いましたが、このときのことがあとからすごく役立ちました。

中国語の3大動詞の役立ちポイントと理由

3大動詞がなぜこんなに役立ちポイントになっているのか。理由はこちらです。

 

1.登場回数が多い
2.動詞をすぐに発見できる
3.会話にリズムが出る

 

中国らしい

なんだかんだ何回もこの3大動詞が出てきます。登場回数が多いんです。そして動詞にフォーカスして動詞を見つけると漢字の羅列である中国語がわかりやすいと記事に書きました。3大動詞をいち早く見つけることができれば中国語も早く理解できます。

 

動詞を中心に考えるのは聞くとき書くときだけではなく話すときにも役立ちます。この3大動詞でリズムを取りながら話すと、中国語らしく聞こえますよ。中国語はたくさん勉強することはありますが、最短最速で中国語らしく話したいならこの3大動詞をマスターすることをおすすめします。

 

次回は形容詞についてのエッセイです。



チェック
今では中国語を話すようになりましたが、ゼロから始めた頃の自分に向けこんな教材があったらいいなと感じたものを具体化して教材をつくりました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語