動詞にフォーカスすると中国語の漢字の羅列が凸凹に見えてくる

動詞

漢字を使っている日本人。同じ漢字だから中国語は簡単だろうと思って大学で第二外国語を中国語にする人も多いそうです。その多くが試験は合格点を取って卒業するものの中国語はまったく話すことができません。

 

この最初のきっかけになる漢字ですが、同じ漢字といえども使い方が違うのです。

 

わたしも最初は漢字の羅列を見てどこで区切っていいのかわからず息継ぎポイントも意味の区切りもわかりませんでした。

 

しかしあるときふとわかったのです。


中国語は日本語に似ている部分と英語に似ている部分がある

中国語は日本語と似ている部分と英語と似ている部分があります。(その他の言語は話すこともできなく文法も知らないので似てるかどうかさえわからないのですが。。。)

 

この英語と似ている部分でハッと気付きました。英語のSVOの語順と中国語のSVOの語順は似ています。ということは動詞が中心になっているんじゃないかという仮説が立ちました。

 

この仮説はその後いろんな本を読んでいくうちに立証されていきました。同じことが書いてあったのです。

動詞にフォーカスしたら脳に中国語スイッチが入った

パンダ

中国語は動詞が多くて名詞が少なく、日本語は動詞が少なくて名詞が多いのです。例えば日本語で「まわる」という表現がありますが、中国語では「周、転、環、回」などたくさんあります。これに気付いて漢字の羅列の中でまず動詞を見つけることにしました。

 

すると息継ぎポイントも意味の区切りもわかるようになり名詞も浮かび上がってわかるようになりました。動詞にフォーカスすることによって中国語を攻略したのです。

 

それからは動詞の中国語単語を覚えました。まずは簡単なものから。一文字で動詞の意味を成しているものはだいたい重要な単語です。この重要単語との組み合わせで、いろんな意味の動詞ができていました。

 

中国語では動詞と名詞の組み合わせが、日本語では名詞になっていることもあります。

 

中国語:回国
日本語:帰国

 

これがわかったとき脳の中国語スイッチが入ったのを覚えています。

 

回国=動詞+名詞

 

このリズムを頭の中に叩き込めば中国語のリズムができるとわかりました。この動詞+名詞の前に「誰」を加えたら文章になります。

 

我回国。=我(S)回(V)国(O)。


漢字の羅列の中で動詞中心に考えたら中国語らしくなる

中国語の文章伝達量と日本語の文章伝達量に大きな違いがあったらすぐに効率のいい言語にどちらかが変化していたはずです。しかしそうならないのは、1分間に伝えることのできる伝達量はだいたい同じだからです。

 

同じということは仕組み(文法)の違いを覚えればいいだけです。

 

簡単に説明しましたがこのことがわかるまでいろいろ勉強しました。動詞フォーカス勉強法という教材もあるくらいです。漢字の羅列の中で動詞を見つけることができたら中国語のリズムができます。今では読むときも話すときも動詞を無意識に捉えています。これがもしかしたら中国語を中国語で考えるということなのかもしれません。

 

次回は日英中文法比較についてのエッセイです。