中国語の補語の勉強は習うより体当たりで慣れた方が早い

中国語の補語

中国語で「得」と「就」と「了」は用法がたくさんあり過ぎて何が何だかわからない人も多いはず。しかし視点を逆にして見ると、用法が多いということは便利だともいえます。

 

この便利な用法を身に付けたらネイティブに近づきます。頭で覚えるより身体で覚えた方が早いかもしれません。わたしは身体で覚えました。

 

身体で覚えたというのは、ネイティブとの会話の中で身につきました。

 

エピソードとともに紹介していきます。


教科書やテキストにある中国語の補語の種類

教科書やテキストにはよくこういう表現が載っています。

 

程度補語
様態補語
結果補語

 

この文字を最初に見たときは何が何だかわかりませんでした。日本語なのにさっぱりわかりません。中国語ができる日本人を見て、この日本語がわかるなんてすごいなと思っていました。

 

中国語を話せるようになって、この用法は自在に使えるようになったものの、今もこの程度補語、様態補語、結果補語のはっきりした意味はわかりません。。。

 

なので身体でも覚えることができるということです。もちろんテキストと併用して覚えても問題ありません。ネイティブとの会話とテキストを併用したら頭も整理できていいかもしれません。

中国人留学生との就の中国語のエピソード

のエピソードです。ある日、中国人の留学生と一緒にご飯を食べに行きました。この留学生は日本に来たばかりで日本語をまだ流暢に話せませんでした。なので自然と中国語での会話になりました。

 

この中国人留学生の口癖が「就是」でした。日本語でいう「あの〜」や「えっと」のタイミングで「就是」を言っていました。「就是」ってどんな意味で使っているの?と聞くと、キョトンとした目で「わたしそんなこと言っていますか?」と言われました。本人はそれほど気軽に使っているのです。はっきりした意味で使っているわけではないって言っていました。

 

なるほど!と思いました。日本語の「あの〜」や「えっと」も意味はないですよね。

台湾人の友達との得の中国語のエピソード

台湾人の中国語の補語

のエピソードです。まだ中国語を流暢に話せず、英語で台湾人の友達と話していたときに、台湾人の言ったことでわからないことがあったときにわたしが「聽不憧」と言うと、何で中国語話せないのいこんなときだけ中国語で言うのって意味をこめて、ギャグとして使ってうけていました。これが結果補語だと気付いたのは数カ月経った後でした。

 

これを機に結果補語がわかり会話の中でも使えるようになりました。結果補語を使い出すと便利です。単語にキレがあるもで相手に伝わりやすいんです。

 

用法がたくさんある言葉は視点を変えればとても便利に使うことができます。

 

次回は方向補語のエッセイです。