中国語独学文法エッセイ記事一覧

中国語の会話の学校というものがあります。最近はスカイプレッスンもあります。しかし何も勉強せずにゼロからいきなり行くのはもったいない気がします。教室に行くのと同時に自宅で猛勉強してもいいんですが、やっぱり事前に勉強していたほうが安上がりで節約...

中国語の介詞といってもピンとこないかもしれません。わたしもテキストを見るまでよくわかりませんでした。介詞をそのまま介詞として考えると混乱してよくわからないようになります。自分の場合がそうでした。中国語の介詞とは「在、到、和」など。もっとたく...

中国語の能願動詞という単語を聞いたら、ちょっと難しく感じるかもしれません。文法用語って難しくないのに難しく表現している場合が多いんです。しかし能願動詞ってすごく便利で使いやすい文法です。英語のcanやmustと思ってもらえばOKです。意味範...

中国語の比較級には原級、比較級、最上級の構文があります。これもいつものごとく難しく考えれば難しく、簡単に考えれば意外と簡単です。どこか日本語と似ています。英語ではなく日本語に似ています。あまり難しく考えなくていいと思います。発音は別問題なの...

中国語の文法の中に強調という項目があります。テキストを読んで、文法としてとらえるとなかなか会話で使うことができなかったりします。みなさんはどうですか?テキストで勉強したことを会話でスムーズに使うことができますか?会話で使うときは文法としてで...

中国語の検定試験を受験しようと思ってテキストを開き、文法の受け身のページで壁を感じた人はいないでしょうか。以前わたしがそうでした。テキストを何回読んでもわかりませんでした。あげくの果てには、テキストの日本語が変だとも思いました。難しい日本語...

中国語の語気助詞と聞いてもピンと来ない人も中国語ペラペラになると自然と使うことになります。使った方が気持ちを込めやすくなるからです。この語気助詞は地域性が現れる言葉でもあります。台湾らしさ、香港らしさ、シンガポールらしさなど。このらしさを身...