過去の自分に向けて作成した中国語教材

今では中国語をペラペラ話せるようになりましたが最初から上手かったわけではありません。

 

最初は全く話せませんでした。

 

中国語を話している日本人を見て「この人は本当は外国人じゃないのか?」と本気で思っていました。

 

それから勉強して中国語を話せるようになりました。

 

「中国語はどうやって勉強したの?」とよく聞かれます。そして「教えてよ」ともよく言われます。

 

これまで勉強してきたことと話せるようになった経験を細かく分析しました。そして出来たのがこれらのオリジナル教材です。

 

ネイティブにはわからない日本人が中国語を話すためのコツが満載です。日本人が誰でも日本語を外国人に教えることができないように、勉強のコツは勉強して成果を出した人が1番知っています。特に初級段階では日本人の脳が中国語を受け入れる段階を分析することが近道です。

中国語オリジナル教材三部作

ピンインも四声も知らない初心者向け!

ゼロから100語で会話
上達実感中国語

 

開始レベル:本当にゼロからの人向け
到達点:1分間自己紹介
学習時間:10分×30項目=300分(5時間)
体感価格:セミナーより安くて実践的
必要なもの:スマホ
代表的な感想:ゼロからなのに本当に話せるようになった(Mさん)

 

まずは中国語が話せることを実感。初心者はここからスタートするのがおすすめです。これが継続できるやる気につながります。

 

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!

毎日の学習で習慣化
習慣デザイン中国語

 

開始レベル:ゼロから少し勉強をしたことがある人まで
到達点:中国語検定3級レベル
学習時間:90日間
体感価格:毎日1時間の勉強を考えれば破格
必要なもの:「快速マスター中国語」のテキスト
代表的な感想:中国語の勉強が習慣になりさらに楽しくなった(Zさん)

 

市販のテキストを元に中国語の骨格を身につけます。昔も今も変わらない基本です。

 

動画と記事で記憶に残る勉強をしよう!

感覚を刺激して心を動かす
感覚刺激中国語

 

開始レベル:ゼロから話せる人まで
到達点:興味の向くままにどこまでも
学習時間:1回3分程度の動画や記事を見て後の学習は無限大
体感価格:1カ月ワンコインで10回以上配信。
必要なもの:やる気とスマホ
代表的な感想:予想以上に脳が刺激される(Nさん)

 

新鮮な中国語の動画とインターネット記事を配信。ニュースや最新の話題で感覚を刺激します。

中国語オリジナル教材の流れ

中国語の勉強方法はいろいろあるけどこの3つの方法である程度話せるようになります。

 

ある程度とは習慣デザイン中国語の到達点である「中国語検定3級レベル」「大学の第二外国語2年間終了レベル」「中国語ネイティブの友達と楽しく会話できるレベル」です。この3つはだいたい同じレベルだと考えています。

 

日本人のわたしがいい大人になってゼロから中国語を勉強して話せるようになった勉強過程を凝縮しています。

 

凝縮しないと何年も勉強することになります。

 

中国語教室に通っている人の中には5年以上通っていても「中国語が話せない、聞き取れない」という人もいます。

 

はっきり言ってこれは能力の問題ではなく勉強方法の問題です。

 

勉強方法を間違わなければすぐに話すことができます。

 

すぐにとはどれくらいの期間でどくらいのレベルを示した方がわかりやすいと思いました。

 

レベル:質
期間:量

 

質と量の組み合わせです。

 

上達実感中国語

上達実感中国語

 

内容を30項目に分けて1項目約10分で習得できるようにしています。10分×30項目なので300分です。300分は5時間です。

 

連続で5時間勉強することは難しいけど休みながらでも2倍の10時間以内で勉強できます。

 

これを10日間コースで勉強できる講座にしました。

 

1日学ぶ内容を決めた方が勉強しやすいからです。

 

1日に1時間の勉強時間が目安です。

 

レベルはゼロからカタコトを話すレベルです。

 

日本人の3歳児が話す日本語がありますよね。あんな内容をゼロから10日間で話すようになります。

 

「3歳児レベルなんて簡単すぎる」という人もいますがここを習得せずに話せるようにはなりません。まずは3歳レベルを習得すると一気に中国語の世界が広がっていきます。

 

子供は0歳から3年の期間が掛かりますが3歳レベルを大人の力で10日間で習得できるようにギュッと凝縮した内容をつくりました。

 

実はこの凝縮がすごく大事なポイントです。

 

中国語を何年勉強しても話せない人はこの凝縮をせず逆に増やしていきます。増やしすぎて何も身につかないという人が話せない人です。凝縮するときに大事なのは捨てることです。

 

まずはこのレベルを習得してスタートさせましょう。

 

いきなり難しいことに挑戦するとどんな人でもそれは挫折します。

 

最速

上達実感中国語
シンプルさにこだわって余計なものを断捨離した内容です。最短1日で話せるように構成しています。全く話せないゼロからの初心者向けです。

 

習慣デザイン中国語

習慣デザイン中国語

 

中国語の勉強内容はこだわればこだわるほど増えていきます。中国の大学教授も研究している分野です。日本語も研究している人がいますよね。あれと同じです。

 

さきほども書いたこのレベル「中国語検定3級レベル」「大学の第二外国語2年間終了レベル」「中国語ネイティブの友達と楽しく会話できるレベル」と決めたときに勉強する内容を網羅したのが習慣デザイン中国語です。

 

網羅した内容をまとめて渡しても習得できないことはわかっています。できる人は辞書で勉強して単語を習得できる人です。こんな人はいませんよね。できる人はゼロではありませんがこの文章は読んでいないはずです。

 

まとめて冊子にしても習得できないので90日間のコースにしています。

 

これで勉強習慣をつけてもらいます。

 

勉強は内容と期間の設定がないとどこに到達したらいいか迷子になります。内容と期間を設定したのがこの教材です。

 

網羅

習慣デザイン中国語
中国語の基礎を網羅した内容です。基礎とは大学の第二外国語2年間もしくは中国語検定3級レベル。1日1回メールが90日継続。

 

感覚刺激中国語

感覚刺激中国語

 

中国語がなんとなくできるようになったけどやはり「聞く」「話す」が苦手という人が多いと思います。

 

語学は音楽やスポーツと似ています。

 

「聞く」も「話す」も発音に関することですよね。

 

これはテキストで理論を勉強するよりも実際に聞いたり話したりする実践をするのが大事です。

 

泳ぐことでも泳ぐ理論を勉強するより実際に泳いで練習した方がいいんです。

 

よく例える自転車も同じ。自転車の構造や力学を書籍で勉強するよりふらふらしながら乗って練習した方がいいんです。

 

中国語の勉強もまさに同じことが言えます。

 

では何を聞くのかという問題が出てきます。

 

テキストについているCDでは続きませんよね。これは感情が動かないからです。感情が動くようなネイティブの発音を聞かなければいけません。

 

この発音を聞いていると「この単語いつも言っているな」とか「頭ではわからなかったけどリスムで覚えるとわかる」など感覚が作動していきます。

 

感情が動く動画を選んで提供しているのが感覚刺激中国語です。

 

聞き流すだけで中国語が上手くなるとは言いませんが、聞き流すだけで中国語の感覚は刺激されます。毎日聞いていると結局上達します。魔法のような勉強方法ではありませんが、継続すると魔法のような効力はあります。

 

継続

感覚刺激中国語
新鮮な中国語に関する情報があなたの感覚を継続して刺激します。

YouTube大学で同じことを言っていた

上達実感中国語
習慣デザイン中国語
感覚刺激中国語

 

この3つで中国語を話せるレベルまで持っていき楽しく勉強することをスポーツのように継続することを書いてきました。

 

数年前から考えていたことですが、なんと、中田敦彦さんのYouTube大学で言っていることとすごく似ています。

 

この2つの動画は英語の話で中国語のことは言っていません。しかし共通点があります。

 

語学学習には共通することがあるということです。

 

中田さんのホワイトボードのポイントに中国語学習のポイントを付け加えてみました。赤い文字のところです。

 

YouTube大学

 

上達実感中国語
習慣デザイン中国語
感覚刺激中国語

 

この3つがすごくしっくりきます。

 

語学学習の骨格を知りたい人はぜひこの2つの動画も参考にしてみてください。わかりやすく説明しています。

 

 

 

勉強方法を間違わなければ中国語を話すのは難しくないことがわかったと思います。

 

しかしやるべきことはやらないといけません。

 

勉強すべきことがだんだんはっきりしてきたはずです。

 

増やしすぎない
順番が大事
語学はスポーツだ

 

こんなことを気にしながら勉強してみてください。

 

それぞれの詳細はこちら

 

 

 

 

中国語の勉強応援しています!