中国語のノートの取り方とモチベーションの上げ方

メルマガ登録時にコメントがありました。

 

Hさん(男性)
中国語レベル:初心者(本人申告)

ノートに書いて勉強してるのですが、なかなか頭に入って来ません。覚えられてないのが多いのでノートの取り方やコツ教えてください。

中国語のノートの取り方

ノートの取り方のコツを今回は左脳と右脳で分けてみます。

 

左脳ノート

コメントを読んだだけでノートを見ていませんが現在は左脳ノートだと思います。これがすべて悪いのではありません。整理するときは左脳ノートが力を発揮します。

 

右脳ノート

イメージで書くノート術です。自分だけがわかればいいので絵や図をどんどん書いていく人もいます。イメージで捉えるので記憶に残りやすいです。

 

心を動かす

ノートだけでは心が動かないときがあります。おすすめは好きな異性を見つけて話すことです。メルマガ登録時に年齢は聞いていませんが、恋愛になってもならなくてもどっちでもいいんです。何歳になっても好意を持つというのはいいことです。だって語学は言葉であり会話でありコミュニケーションだから。心が動くことと平行してノートを取ると記憶につながりますよ。

 

モチベーション

中国語のモチベーションを上げる方法

上記のメルマガを読んでメールがきました。この質問が来るかなと実は予想していました。

 

好きな異性はどこで見つければ良いですか??笑

 

もはや中国語の質問ではありません(苦笑)

 

しかし答えていきますね。

 

上手くいったときのことを結果から逆算すると需要と供給がマッチしています。

 

この需要と供給に中国語の視点を加えると、この方法はいいんじゃないかと思います。

 

おすすめの方法

 

道に迷っている中華圏の人を助ける

 

需要:道に迷っていて教えて欲しい需要
供給:日本に住んでいて道を教えることができる供給

 

これがマッチします。

 

しかも中国語でマッチします。

 

その人を好きかどうかはあなたが決めてください。

 

駅

観光地でも空港でも交差点でもいろんなところにチャンスがあります。

 

以前、繁華街でガードマンに英語で道を聞いている台湾人がいました。(あとで台湾人とわかりました。)

 

制服を着たガードマンを見て警察官と思ったようです。間違っても仕方ありません。

 

英語が話せないガードマンはシドロモドロになっていました。

 

ここでわたしの出番が来た!と勝手に思いました。そしてその外国人にどこに行きたいんですか?と中国語で聞いたら中国語が返ってきました。相手がニコッとしたのを今でも覚えています。

 

そして目的地への行き方とバスの乗り場を教えました。

 

バスの本数が少なかったので「時間がありますか?」と聞くと「はい」と答えたのでその付近を案内することにしました。

 

初めての日本だそうです。しかも一人旅。商店街をウロウロして、神社に行きました。神社は日本らしいと思い街中にあるごく普通の神社に行きました。喜んでいました。お参りの仕方がわからないと言ったので「二拝二拍手一拝」の作法を教えました。ぎこちないけどそれがまた絵になっていました。

 

カフェ

それからカフェに行きました。その間ずっと中国語で話していました。いい中国語の勉強になりました。その土地のことはわたしが知っています。このときは今のように中国語を上手く話せないときだったけど質問にはどうにか答えていきました。この短時間で中国語が伸びたことを覚えています。

 

そして数年後台北に行ったとき再会しました。美味しい台湾らしい食堂に連れていってもらいました。

 

残念だけど(残念でもありませんが)同性です。

 

困っていたのがきっかけで今では友達です。今でもたまに日本のことや日本語の質問をメールで聞いてきます。

 

最初の質問に答えるならば異性でも有効な手段です。ただし悪用禁止。ナンパではなく人助けに活用しましょう。

 

まとめ
ひと声掛けるだけで何がつながるかわかりません。やってみてください。中国語の勉強のモチベーションにもつながります。



チェック
今では中国語を話すようになりましたが、ゼロから始めた頃の自分に向けこんな教材があったらいいなと感じたものを具体化して教材をつくりました。

ピンインも四声も知らない初心者向け!
ゼロから100語で会話
上達実感中国語

90日で大学の第二外国語2年終了の学力をつける!
1日1回メールで習慣化
習慣デザイン中国語