中国語を短期間で勉強する方法

短期間で中国語を習得する方法を教えてください。

 

こんな質問がきました。

 

バランスよく9つの項目を勉強することが大事です。

 

9つの項目の記事

 

その中の「文字、文法、発音、単語」はインプットです。

 

逆にアウトプットは「読み、書く、話す、書く」です。

 

どんな教材でもバランスよく勉強すると会話に結びついていきます。しかし漢字を知っていて文字を書くことが得意な多くの日本人は勉強分野のバランスがよくありません。特に発音は日本語にないのでみんな苦手です。

 

どんな教材でもいいんですが、わたしのやった方法をサイトには書いています。そしてこんなスケジュールを提案しています。

 

文法:4週間
単語1600:2週間
ピンイン:3週間
発音のコツ:2週間

 

オリジナル教材を勉強する期間です。独学で勉強していたら文法に2年間掛かる人もいます。大袈裟ではありません。本当にいます。NHKテレビだったら1年間のペースです。

中国語初心者が3カ月で中検3級レベルにする方法

文法教材はテキストをベースにしています。メルマガで届くのでペースをつかみやすいはずです。「この半強制的なペースがよかった」という受講した人の声もありました。電車に乗って目的地に着く感覚です。

 

スピード

 

単語はカタコトでも話せると通じます。プレッシャーを感じてもらうためにテスト形式にしました。実際に怒ることはないですがプレッシャーが掛かるので学校に行っているような気分になります。何もないと2週間で中国語単語を1600語勉強するのは大変です。しかしこれも半強制的にメルマガが届くのでペースをつかむことができます。

 

そして発音の基盤となるピンインの講座です。この講座ですべてのピンインを覚えることができ発音が完璧になるということではありません。そんな講座は今までに見たことがありません。地道に覚えていかなければいけません。まずはどんなピンインがあるか知る講座です。これで脳内にピンインの地図ができます。

 

以前も書いたモデルペース

 

①文法:4週間(1カ月)
②やる気:同時並行で90日
③単語:2週間
④ピンイン:3週間
⑤発音のコツ:2週間
まとめ:1週間
合計12週間

 

合計12週間=3カ月です。3カ月でこの内容を勉強できれば短期間といえるでしょう。大学の第二外国語の2年時終了の内容とほぼ同等です。中国語検定でいえば3級くらいです。

 

このくらいはやった方がいいという1日の学習時間は1時間です。1日1時間です。最初の文法の4週間はちょっと内容が難しいかもしれませんが、ここを乗り切ったら少し楽になります。

 

1日1時間なら仕事をしている人でも可能ですよね。ただしダラダラではなく集中してください。集中の方法がわからないという人もいますが、やることが決まっているだけで集中します。集中していない人は何を勉強しようかなと考えている間(ネット検索している間)に時間が過ぎる人です。

同時並行で中国語ネイティブの友達を見つけよう

少し楽になった2カ月目から力を入れた方がいいのは中国語を話すネイティブの友達を見つけることです。もうすでにいる人は勉強した中国語をすぐに試してみましょう。

 

中国語会話

 

ネイティブの話し相手が見つからず、上達せず、やる気が継続せず、中国語の勉強をいつの間にか辞めるという悪循環に陥る人もいます。会話の上達を目指すならぜひネイティブの友達を見つけてください。

 

見つけ方もいくつかサイトで紹介していますがこれは本当は中国語の分野ではありません。コミュニケーション能力です。各自が行動して見つけていきましょう。ここで手取り足取りネイティブを紹介するのはよくないと思っています。自分で見つけるからこそ外国語の楽しさと醍醐味があるはずです。

 

まとめ
3カ月集中する方法を書いてみました。短期間だと思います。わたしは身近にネイティブはいたけど、勉強法を教える人がいませんでした。もっと長い期間が掛かりました。今まで勉強してきて思うように上達していない人は「やり直し勉強」で3カ月集中するといいと思います。ゼロからの人もテキストでまずは1カ月集中して文法を勉強しましょう。最初は難しいけど結局これが近道です。