本屋で自分にあった中国語参考書を選ぶ方法とコツ

MENU
とにかく早く中国語を話せるようになりたい人はこちら

初心者におすすめの中国語テキストを本屋で選ぶ方法

中国語テキスト

初心者におすすめの中国語教材テキストの選び方を紹介します。

 

なかなかテキスト選びは難しいものです。

 

大きな本屋に行くとテキストがたくさん並んでいます。英語ほどではありませんが近年中国語教材も増えてきました。

 

自分にあった中国語参考書を選ぶ方法にはコツがあります。独学にはいいテキストが必須です。自分にぴったりのテキストを選び、何回も繰り返し、そしてネイティブの友達と会話するのが中国語ペラペラへの近道です。


中国語を始めとする語学テキストの衝撃の事実

テキスト選びのコツを紹介するのですが、ここで衝撃の事実をお伝えします。それはどのテキストも似たり寄ったりなんです。全然コツじゃありませんね(笑)。しかし本当のことです。

 

中国語をペラペラ話せるように前はわたしもこの事実に気付きませんでした。しかし、話せるようになって本屋でテキストを見るとどのテキストも書いてある内容は同じで行き着くところは同じなのです。同じ部分が、これが中国語の基礎ということです。

中国語テキスト選びの3ステップのコツ

では、中国語のテキストを選ぶときに初心者はどうしたらいいかというと、わたしはこの方法をおすすめしています。

 

1.大きな本屋に行く。
2.1日(長時間)掛けてテキストを選ぶ。
3.1度決めたら浮気しない。

 

この3ステップがポイントです。

 

大きな本屋は学習参考書のもたくさんあります。このたくさんある参考書の中から長時間掛けて選ぶのです。この長時間というのがコツです。1日掛けてもいいくらいです。自分にあったテキストを選びましょう。

 

内容は似たり寄ったりが多いものの、文字の大きさやイラストや例題の作り方は違います。じっくり選ぶのです。ここを短時間にすると、次のステップで浮気して他のテキストもいつも気になるようになります。なんだか恋人選びにも通じるところがありますね。

 

1度選んだテキストは浮気せずに何度も繰り返して使いましょう。使い過ぎて汚れるくらいがちょうどいいです。高校時代の英語の辞書のようにテキストを使いましょう。

中国語力伸びたら魔法のようなカラクリに気付く

3ステップを踏んで選んだ辞書は興味が湧き、愛着が湧き、どこにどのイラストが書いてあったとか、例文の食べ物の話とか、コラムとかも覚えるようになります。

 

この感覚を持って何度も中国語テキストを繰り返して学習すると、中国語力が伸びていきます。中国語力が伸びたときにもう1度大きい本屋に行ってみてください。すると魔法のような出来事が待っています。

 

どのテキストを見ても同じことが書いてあるんです。基礎は同じということです。テキスト選びはどの分野でも方法は共通しています。他の語学でも応用できます。ぜひこの感覚をつかんでくださいね。

関連ページ

中国語テキストを小説のように読むおすすめの勉強法
中国語テキストを小説のように読むおすすめの勉強法を紹介。ポイントはリラックスと集中です。アジアの旅行記のように中国語の教科書を読んでみることも可能です。カフェ、電車、空港、海辺、外国で読むと視点が動きテキストがテキストらしくなくなりますよ。
おすすめ中国語勉強ノート術!各章にまとめて脳もスッキリ
おすすめ中国語勉強ノート術を紹介。各章にまとめて脳をスッキリさせましょう。ノート術勉強法で複雑な中国語学習も断捨離して整理整頓されます。まるで鳥が空を飛ぶように俯瞰した効果があります。全体像を捉えることは語学学習において大切なことです。
1日10円で中国語単語を右脳に記憶させる独学勉強法
1日10円で中国語単語を右脳に記憶させる独学勉強法を紹介します。通勤通学や散歩の隙間時間を活用した中国語単語の覚え方です。これで1日100単語を右脳に記憶させましょう。オーソドックスな方法ですが魔法のような効果があります。
独学したい初心者におすすめの中国語入門テキストランキング
独学したい初心者におすすめの中国語入門テキストランキングを紹介。最短コースで中国語会話を上達させたい人におすすめの3冊のテキストです。まずはこのテキストを何回も繰りかえして勉強することをおすすめします。わたしがペラペラになった中国語の勉強方法です。
中国語が難しいと思う人へ!やる気の出るおすすめの本
中国語が難しいと思う人へ!やる気の出るおすすめの本を紹介。新井一二三(著)「中国語はおもしろい」講談社新書。レビューや本の帯をわたしが書くとするなら「中国語ペラペラのアジア人になりたい人へ」と書きます。目次を読むだけでもワクワクしてきます。
40カ国語習得法の本を参考にして中国語の勉強をする方法
40カ国語習得法の本を参考にして中国語の勉強をする方法を紹介します。著者は新名美次さん。勉強の仕方に活かせます。大きな視点で見ると中国語の勉強のポイントがわかってきます。40カ国語の視点を簡略化、抽象化すると自然とポイントが見えてきます。