対馬の雨森芳洲を中国語の勉強に活かす

MENU

江戸時代の国際人「雨森芳洲」を参考に中国語の勉強

江戸時代に中国語と韓国語が堪能だった対馬藩の雨森芳洲という人物がいます。この人物を中国語の勉強という視点で取り上げたいと思います。

 

あることがきっかけで対馬藩の雨森芳洲の存在を知りました。対馬は地理的な要因から朝鮮半島との交易が昔から盛んに行われていました。江戸時代にそこで活躍したのが雨森芳洲です。

 

雨森芳洲のことを知り、さらに知りたいと思い一冊の本を読みました。

 

そしてそのことがずっと頭の中にありながら中国語を勉強していました。そして先日メルマガ読者さんから質問がありました。

 

もし勉強に役立つおすすめ本があったらご紹介お願いします。

 

直接中国語の勉強に役立つわけではないけどわたしとしてはおすすめの本です。おすすめの本というよりおすすめの人物です。

 

ではどんな人物なのか紹介します。ここでは中国語の勉強の視点で紹介します。

 

雨森芳洲/元禄享保の国際人
上垣外憲一(著)講談社学術文庫

 

雨森芳洲

対馬藩の雨森芳洲はここがすごい

鎖国している江戸時代に中国語を勉強

五代将軍徳川綱吉から八代将軍徳川吉宗の時代を雨森芳洲は生き抜きます。徳川幕府の政治も安定し鎖国も強化されていたことでしょう。そんな中で外国語を学ぶなんて少数派もいいところ、ごくわずかな日本人しか中国語を話せなかったに違いありません。

 

ポイント
少数派でいい!

 

江戸と長崎で中国語を学ぶ

対馬藩の雨森芳洲ですが対馬ではなく江戸と長崎で中国語を学びます。藩邸があるからです。藩邸に派遣されるほど雨森芳洲は優秀だったのです。江戸で中国語を勉強していたのは木下順庵くらいだったと本には書いてあります。雨森芳洲が学び始めた後荻生徂徠も中国語の勉強を始めたとあります。新井白石とも交流があったとされています。

 

長崎は鎖国の中で出島があり外国との交易が許された場所。ここに中国人もいて通訳をやっている人も江戸時代にいたと記されています。長崎でまた中国語を雨森芳洲は学びます。

 

ポイント
現場に行って学ぶ!

 

釜山で朝鮮(韓国)語を学ぶ

対馬に帰った雨森芳洲は今度は釜山に派遣されます。この時代釜山には倭館がありました。ここで朝鮮語を学び始めます。必要に迫られたのでしょう。

 

雨森芳洲の朝鮮語の感想がこう書いてありました。

 

勉強した朝鮮語は中国語に比べればやさしく、朝鮮語は日本語とほぼ同じ文法を持ち、てにをはにあたる助詞があり、動詞の活用も似ている。中国語は動詞と目的語の順が反対になる。

 

江戸時代中期に中国語と韓国語を修め比較できる人物はほとんどいなかったでしょう。雨森芳洲のすごさは中国語で終わりではなく学問を続けたことです。

 

ポイント
江戸時代に多言語を話せる!

 

82歳から和歌の勉強を始める

江戸時代にしては長生きだというだけですごいこと。さらには82歳で和歌の勉強を対馬で始めます。外国語を学んだからこそ日本の良さに気付いたのかもしれません。

 

82歳なのでのんびり勉強していると思いきや全然違います。誰よりも精力的に勉強します。

 

古今集を1000回読破
作歌は1万首を目指し最後は2万首を越える

 

量が質を越えることを江戸時代でも80歳を過ぎても知っています。これは現代の人も見習うべき点です。

 

晩年は対馬の四季折々のことを詠んだそうです。

 

ポイント
何歳からでも新しい学問に挑戦!

 

まとめ
江戸時代の国際人、雨森芳洲のすごさを現代の中国語の勉強法に活かそう。


イチオシ勉強法
500単語無料メルマガ【ゼロ初心者】
中国語をゼロからスタートする人へ!1日10単語を50回合計500単語をメルマガ無料配信。先着順、人数限定。

スマホで学ぶオリジナル教材【文法・単語・発音】
1番人気は1カ月文法マスター。時間と場所に縛られずにスマホで学べるオリジナル教材です。地方在住者や育児中の人も学んでいます。

3カ月で中国語脳に変換【会話】
とにかく早く中国語を話せるようになりたい人へ。急な海外転勤や出張そして楽しい旅行の準備にも最適。

関連ページ

初心者におすすめの中国語教材テキストの選び方
初心者におすすめの中国語教材テキストの選び方を紹介します。なかなかテキスト選びは難しいものです。本屋で自分にあった中国語参考書を選ぶ方法にはコツがあります。独学にはいいテキストが必須です。テキストを何回も繰り返しネイティブの友達と会話しましょう。
中国語テキストを小説のように読むおすすめの勉強法
中国語テキストを小説のように読むおすすめの勉強法を紹介。ポイントはリラックスと集中です。アジアの旅行記のように中国語の教科書を読んでみることも可能です。カフェ、電車、空港、海辺、外国で読むと視点が動きテキストがテキストらしくなくなりますよ。
おすすめ中国語勉強ノート術!各章にまとめて脳もスッキリ
おすすめ中国語勉強ノート術を紹介。各章にまとめて脳をスッキリさせましょう。ノート術勉強法で複雑な中国語学習も断捨離して整理整頓されます。まるで鳥が空を飛ぶように俯瞰した効果があります。全体像を捉えることは語学学習において大切なことです。
1日10円で中国語単語を右脳に記憶させる独学勉強法
1日10円で中国語単語を右脳に記憶させる独学勉強法を紹介します。通勤通学や散歩の隙間時間を活用した中国語単語の覚え方です。これで1日100単語を右脳に記憶させましょう。オーソドックスな方法ですが魔法のような効果があります。
独学したい初心者におすすめの中国語入門テキストランキング
独学したい初心者におすすめの中国語入門テキストランキングを紹介。最短コースで中国語会話を上達させたい人におすすめの3冊のテキストです。まずはこのテキストを何回も繰りかえして勉強することをおすすめします。わたしがペラペラになった中国語の勉強方法です。
中国語が難しいと思う人へ!やる気の出るおすすめの本
中国語が難しいと思う人へ!やる気の出るおすすめの本を紹介。新井一二三(著)「中国語はおもしろい」講談社新書。レビューや本の帯をわたしが書くとするなら「中国語ペラペラのアジア人になりたい人へ」と書きます。目次を読むだけでもワクワクしてきます。
40カ国語習得法の本を参考にして中国語の勉強をする方法
40カ国語習得法の本を参考にして中国語の勉強をする方法を紹介します。著者は新名美次さん。勉強の仕方に活かせます。大きな視点で見ると中国語の勉強のポイントがわかってきます。40カ国語の視点を簡略化、抽象化すると自然とポイントが見えてきます。
うんこ漢字ドリル方式で中国語単語を効果的に例文で覚える方法
人気のうんこ漢字ドリル方式で中国語単語を効果的に例文で覚える方法を紹介します。うんこ漢字ドリルの応用編です。まずはうんこをキーワードにします。そして今度は自分の興味ある分野をキーワードにします。やり方はうんこ漢字ドリルと同じです。