中国語学習参考書の選び方と教材ランキンング

MENU

中国語教材テキスト勉強法記事一覧

初心者におすすめの中国語教材テキストの選び方を紹介します。なかなかテキスト選びは難しいものです。大きな本屋に行くとテキストがたくさん並んでいます。英語ほどではありませんが近年中国語教材も増えてきました。自分にあった中国語参考書を選ぶ方法にはコツがあります。独学にはいいテキストが必須です。自分にぴったりのテキストを選び、何回も繰り返し、そしてネイティブの友達と会話するのが中国語ペラペラへの近道です。

中国語テキストを小説のように読むおすすめの勉強法を紹介します。テキストをテキストとして読むのではなく小説のように読んでみましょう。そんなことができるのかと思うかもしれませんが、それは気の持ちようです。視点を変えればアジアの旅行記のように中国語の教科書を読むこともできます。これができたらテキストの理解力も高まっていきます。正攻法がダメなら、視点を変えてみましょう。視点を変えると違った風景が見えてきま...

おすすめ中国語勉強ノート術を紹介します。各章に自分自身でノートにまとめていくと、不思議と脳がスッキリしていきます。頭の中が断捨離されて整理整頓されていきます。手順を追って説明していきますのでお試しください。オーソドックスな方法のようで、実際に質問するとやっている人は少ないんです。オーソドックスな方法なのでやり方は簡単です。準備するものも格安です。独学に向いています。一人で黙々とやることができます。

机の前に向かって中国語単語を覚えようと思っても覚えられないあなたへ中国語単語の覚え方を紹介します。ある程度は努力が必要なのでそこは覚悟しておいてくださいね。でも机の前に向かうより時間短縮で覚えられる方法です。中国語単語を右脳に記憶させる独学勉強法です。お金も1日10円でOKです。語学教室に行くより断然安いんです。安いというよりタダ(無料)同然ですね。語学の上達はお金ではないと常日頃から思っています...

本屋に行くとたくさんある中国語のテキストAmazonの画面をスクロールしていてもたくさん出てきます。果たしてどのテキストがいいのか。迷いますよね。英語のテキストほど膨大にあるわけではありませんがそれでも迷います。これから中国語の勉強を始める人は特に迷うと思います。わたしも最初は迷いました。ある程度中国語を話せるようになると中国語習得に何が大事で何が大事でないかわかってきます。過去を遡るのは簡単なん...

中国語を難しいと思っている人におすすめの本を紹介します。日本語の本です。10年前の新書ですが今でも新鮮に読むことができます。わたしも勉強を始めたばかりの頃読みました。そしてまた最近読みました。同じ本を読むという行為のいいところは過去の自分と今の自分を比較できること。まだ中国語を話せない頃はこの本を読んで夢が広がりました。最近また読み返して、今まで中国語を勉強していろいろ経験したことと似ていると思い...

40カ国語習得法という本を読みました。この本には中国語はもちろん、英語、アジア、中近東、ヨーロッパなど世界の外国語の習得法が1冊にまとめてありました。まとめてあったといっても簡略化して抽象化すると行き着くところは同じです。なので中国語の勉強にも多いに役立ちます。外国語を勉強する心構えや方法は同じだということです。これを読んでまたひとつ話せる外国語を増やしたいなと思いました。大きな視点で考えると中国...

江戸時代に中国語と韓国語が堪能だった対馬藩の雨森芳洲という人物がいます。この人物を中国語の勉強という視点で取り上げたいと思います。あることがきっかけで対馬藩の雨森芳洲の存在を知りました。対馬は地理的な要因から朝鮮半島との交易が昔から盛んに行われていました。江戸時代にそこで活躍したのが雨森芳洲です。雨森芳洲のことを知り、さらに知りたいと思い一冊の本を読みました。そしてそのことがずっと頭の中にありなが...

うんこ漢字ドリルが人気です。本屋に行くと目立つところにたくさん並べてあります。売れ行きも好調のようです。なぜ人気なのかパラパラ読んでみました。なんでも「うんこ」に関連付けて書いてあります。うんこに反応する小学生が集中して勉強するそうです。結果的に漢字も覚えてテストの成績もいいそうです。なるほど!と思いました。これは中国語単語にも応用できると思ったので、今回はうんこ漢字ドリル方式で中国語単語を覚える...