中国語単語のさらなる覚え方

MENU

中国語単語はまずは500語次に1600語そしてさらなる覚え方

中国語のテキストは「快速マスター中国語」をおすすめしています。その巻末の単語が1600語なので記事のタイトルも1600語です。

 

まずは無料メルマガで500単語を勉強して巻末の1600単語に進むといいです。おすすめのテキストでなくても同じくらいの単語数ならどの単語集を使っても問題ありません。理由は似たような単語が載っているからです。

 

次に1600単語を知っている単語から使える単語にしましょう。この単語を使って3行日記を書くことをおすすめしています。

 

今回の記事はそれ以降の中国語単語の覚え方を紹介します。

 

この3つの方法がいいかなと思います。

中国語1600単語以降の3つの覚え方

関連単語

単語を増やすときにおすすめの方法は関連単語をつなげていくことです。例えばコーヒーが好きだったら「カフェ、ホット、アイス、ミルク、モカ、カフェオレ、ブレンド、ブラックコーヒー」、など増やしていきましょう。仕事でも趣味でも何でもいいんです。脳のシナプスがつながる行為と似ているはずです。

 

地名を発音できるようになるのもおすすめです。例えば「中国の省」をすべて発音できる。「台湾の県」をすべて発音できる。「日本の都道府県」をすべて中国語で発音できる。

 

軸を決めて増やす方法です。

 

メモ

 

メモノート

気になったことをどんどんノートにメモして後で調べるという方法もおすすめです。

 

・ネイティブの友達と話しながらメモ
・中国語のラジオを見ながらメモ
・中華圏を旅しながら看板やメニューをメモ

 

気になったことなので記憶に残りやすいです。

 

辞書

本屋の単語集をもし選ぶならテキスト選びと同様です。大きな本屋に行き1日かけてじっくり選んでください。それがあなたの相性のいい単語集です。そしてポイントは1度決めたら浮気せず1冊を何回も繰り返してください。

 

わたしはぴったりくる単語集がなかったので辞書にしました。単語の全体像が見えていいです。「関連単語」や「メモ」する能力が付いた人は辞書は多いに役立ちます。そういう意味でもステップアップは関連単語やメモで訓練するといいでしょう。そのときに辞書を脳の片隅に置いておくと到達点が想像できしかも到達しやすくなります。

中国語単語の覚え方まとめ

まだ中国語の勉強を始めたばかりの人は先の話ですがイメージしておくといいです。

 

単語を覚えるのは苦行のように思っている人もいますが、関連単語は小さい子供が「これなあに?」と言っているときのような感じでリラックスしてできます。メモは気になったことなので記憶の引き出しがスムーズになります。辞書は全体像を見渡すのに便利ですよ。


イチオシ勉強法
500単語無料メルマガ【ゼロ初心者】
中国語をゼロからスタートする人へ!1日10単語を50回合計500単語をメルマガ無料配信。先着順、人数限定。

スマホで学ぶオリジナル教材【文法・単語・発音】
1番人気は1カ月文法マスター。時間と場所に縛られずにスマホで学べるオリジナル教材です。地方在住者や育児中の人も学んでいます。

関連ページ

中国語1600単語を2週間で覚える方法!朝テスト方式
中国語の覚え方を紹介。1600単語を2週間で覚える方法です。本やテキストで暗記できなかった人に特におすすめです。ポイントは継続と緊張感。メルマガで朝テスト方式を導入しました。レベルは中国語検定3級、もしくは旅行が問題なくなるくらいです。
自己紹介で中国語単語を増やす方法!右脳活性で記憶も高まる
自己紹介で中国語単語を増やす方法を紹介。右脳活性で記憶も高まります。1人に会ったらこの5つのことを質問しましょう。「出身地、趣味、見た目、仕事、家族」。実際に会うのでイメージ力も高まります。バラエティに富むのでたくさんの単語も記憶できます。
単語を言い換えるイメージ中国語勉強法!もつ鍋の表現は
単語を言い換える中国語勉強法を紹介します。類語や比喩を活用します。この勉強法はイメージ力がつくし、単語量が増えるし、説明力がつきます。りんごやもつ鍋を例に勉強の仕方を具体的に書いていきます。連鎖してつながっていくので単語が芋づる式で増えます。
中国語単語集を買う人は挫折し会話の疑問をメモする人は上達する
中国語単語集を買う人は挫折し会話の疑問をメモする人は上達する。その理由を説明していきます。単語集は試験に出る順、ピンイン順、場面順、品詞順などがあります。これでは心が動きません。会話で疑問を感じたことは心が動き右脳も活性化します。
難しい中国語単語を簡単に言い換える方法!シナプスをつなげよう
難しい中国語単語を簡単に言い換える方法を紹介。脳内でシナプスをつなげる方法です。まずは基礎単語を覚えその単語で類語をつなげていきます。日本語でもやっている方法です。シナプスがつながるとどんな単語でも表現できるようになります。
中国語会話で理由を言う練習をしよう!単語も増え話題も弾む
中国語会話で理由を言う練習をしましょう。単語も増え話題も弾みます。理由をいうことにより相手の心が動き興味も出てききます。すると発音も聞き取ってくれる可能性が高くなります。会話のキャッチボールがスムーズになります。自分の主張も伝わりやすくなります。