中国語勉強法の基礎が集中力でできた1カ月

MENU

試練と喜びをプレゼントしてくれた中国語教室の勉強法

中国語1カ月無料授業受け放題

中国語の勉強を始めたきっかけから話す
わたしの中国語物語(全15回)

 

エピソード8

 

前回、語学教室のスピーチコンテストで優勝したストーリーをお話しました。今回はそのスピーチコンテスト後の話です。ここにスピーチコンテストよりも大きな試練と喜びが待っていました。

 

よく想像が大事だとかイメージが大事だとかいいます。ある部分はもちろん大切なのですが、スピーチコンテスト後に起こった出来事は、まったくイメージしていなかったことでした。経験したこともなく見たことも聞いたこともないことはイメージできないのです。

 

スピーチコンテストの後に待ち受けていたのは試練と喜びをプレゼントしてくれた副賞にありました。


決断をして中国語1カ月無料授業受け放題に挑む

優勝

副賞はなんと
1カ月無料授業受け放題

 

わたしが通っていたクラスは破格の安いクラスでしたが、通常の初級中級上級のクラスも無料で受講できるのです。しかも自分のレベルは気にしなくていいんです。

 

この教室は平日3コマ、土日6コマあります。ここでこの無料パスを使用するにあたりいろいろ決断しました。決断しないといつもの1カ月になりそうだったからです。

 

決断したこと
1.いろんな用事は後回しにして中国語の勉強を優先させる。
2.テレビは見ない。
3.1週間に15コマ1カ月60コマ行く計画を立てる。
4.予習復習を必ずする。
5.老師やクラスメイトと交流する。

 

この決断をして1カ月の無料授業受け放題を始めました。


自分の中国語の長所と短所に気付く

毎日毎日中国語漬けの日々を送りました。1週間経った頃夢に中国語が出てきました。こうなったらこっちのものです。老師が夢に出てきたのでそのままマネすれば完璧な中国語になるのです。

 

ゼロからスタートしている初級のクラスにも出ました。今まで独学でテキストで勉強してきたことが滑らかに頭に入ってきました。独学がいいか習ったほうがいいかどちらがいいかということはないのですが、勉強して網羅することは同じことがわかりスッキリしました。

 

レベルが高い上級のクラスも受講しました。強者(つわもの)たちがいました。まったくわからないクラスもありました。しかし、わからないながらいいこともありました。ひとつは中国語を話せる自分をイメージできるようになりました。そして、もうひとつは自分の中国語の特性がわかったのです。長所は伸ばし、短所は改善するようにしました。

 

簡単にいうと
長所:コミュニケーション能力
短所:細かい文法

 

このレベルの高いクラスにスピーチコンテストで戦った人がいました。授業ではまったく太刀打ちできませんでした。あのスピーチコンテストという場で勝てたのはコミュニケーション能力や表現力のおかげだったのです。

 

コミュニケーション能力はいいことなのですが、本来の中国語の能力が付いて来ていません。これに中国語能力が付くとさらに磨きがかかるという確信を持つことができました。

いかに集中するかが中国語勉強法のカギ

この1カ月何より楽しかったのはたくさんのクラスメイトや老師と交流できたことです。このときがきっかけで今でも仲良しの人もいます。

 

中国語を何年くらい勉強したんですか?

 

とよく聞かれますが、何年勉強したというよりも集中した期間がどのくらいあるのかが大事な気がします。何年と聞く場合1日当たりの勉強時間は誰も聞きません。このときの1カ月は誰にも負けないくらい勉強したという自信はあります。集中力を身に付けて次のステップへ進むことになるのです。エピソード9へ続く…


イチオシ勉強法
500単語無料メルマガ【ゼロ初心者】
中国語をゼロからスタートする人へ!1日10単語を50回合計500単語をメルマガ無料配信。先着順、人数限定。

スマホで学ぶオリジナル教材【文法・単語・発音】
1番人気は1カ月文法マスター。時間と場所に縛られずにスマホで学べるオリジナル教材です。地方在住者や育児中の人も学んでいます。

関連ページ

中国語を始めたきっかけと台湾人の友達との京都での出会い
なぜ中国語の勉強を始めたのかきっかけをよく質問されます。何から話せばいいのか迷うときもありますがやはり大きなきっかけは京都で台湾人の友達ができたことです。コミュニケーション能力が高い友達のおかげでその後の外国語学習がスムーズにいきました。
京都でまた会いましょうといった約束を守り台湾旅行
京都でまた会いましょうと言った台湾人の友達を頼りに台湾一人旅。日本人の友達を参考にしたコミュニケーション能力のおかげです。初めての台湾で中国語も話せないのに楽しくて楽しくて大好きになりました。次回は中国語で話そうと決断しました。
格安中国語教室で1週間に90分駅前留学の決意をする
テキストとNHKテレビで中国語が理解できず中国語教室へプチ駅前留学。初級中級上級の一般的なクラスではなく自由会話という難易度が高いけど格安なクラスを選択。ここには1週間に90分、海外にいるのと変わらない空気がありました。
中国語自由会話というクラスピンチはチャンスの勉強法
中国語自由会話というクラスを受講しました。老師とクラスメイトのネイティブの語学シャワーを浴びながら学習しました。最初はまったくわかりませんでした。しかしこのピンチはチャンスに変わっていきました。日本に居ながら留学できる環境に出会えたのです。
中国語を話せる日本人を中国人だと思ってしまう3つの理由
まだ中国語を話せない頃、話せる日本人を見て中国人かと思っていました。その理由も自分が話せるようになるとわかってきました。同じアジア系の顔ということと、知らない言葉はレベルもわからないということ、そしてちょっと怒っているように聞こえる訳もわかってきました。
心のスイッチをオンにして中国語スピーチコンテストの舞台に立つ
3歳児レベルの中国語力のわたしが教室のスピーチコンテストに挑んだ物語。プライベートでは恥ずかしがり屋のわたしが仕事のときはスイッチをオンに入れて堂々とプレゼンもやります。これを応用してスピーチコンテストに挑みました。内心はドキドキでした。
いざ中国語スピーチコンテストへ!検定準1級保持者と戦う
中国語教室主催のスピーチコンテストに出場。今思えばこの中に勉強法はたくさんありました。大きな声や伝わる中国語など。その壁を中国語検定3級の落ちるレベルながら留学経験者と戦い見事優勝を勝ち取りました。これをきっかけにまた語学曲線が上昇していくのです。
中国語のリスニング問題は楽勝になり仕事でレベルアップする
検定試験よりも実践で磨いて上達する中国語勉強法をこの頃から目指すようになりました。この方法が楽しくて身に付くからです。中国語検定3級のリスニングを軽くクリアしたけど、文法と四声は苦労したのでそこからヒントを得ました。勉強と楽しさは関係があるのです。
ミスチルの終わりなき旅を勇気を持って実践する台湾人
台湾人の友達が日本へやってきました。ミスチルのライブのチケットが取れたそうです。ミスターチルドレンの終わりなき旅を勇気を持って実践する人です。この朋友と過ごした1日のおかげで中国語力が伸びました。そしてコツもつかめました。
台湾人の友達との出会いで中国語会話の上達のコツを学ぶ
台湾人との出会いで中国語会話の上達のコツを学習。1日だけ一緒に食事しただけでもたくさんの中国語勉強法の発見がありました。大事なのはコミュニケーション。そのために重要なのは相手を思いやる気持ち。会話の基本は単語や発音でなく気持ちですね。
簡単な小学生のような日記で上達させる中国語勉強法
小学生のような簡単な中国語で文法力を上げ上達させるコツが日記にありました。テキストを何回もペラペラめくりシンプルな文法の考え辿りつきました。この中国語勉強法は後日自分が中国語を教えるときに大いに役立つことになります。
市役所の観光ボランティアで対応力を磨く中国語勉強法
市役所の観光ボランティアで対応力を磨く中国語勉強法の話です。なんとなく話せるようになったので市役所に中国語ボランティアを登録しました。おもてなしの心があれば登録できます。ここで対応した中国人観光客のおかげでさらに中国語力が伸びていきました。
中国語勉強法のコツは自然と湧き出る話したい気持ち
日本でゼロから中国語を勉強していざ台湾一人旅へ。台湾人とのコミュニケーションが楽しくて楽しくて。やる気とかモチベーションとかいうけど自然と湧き出る話したいという気持ちが大切だと実感しました。中国語勉強法のコツのメモ帳も大活躍でした。
語学が好きになり世界が広がる日本人のための中国語勉強法
ゼロから中国語を勉強して3年が経ちました。話せるようになりました。中国語は脳トレになっています。市販のテキストには書いてないわたしが体験した日本人学習者におすすめの中国語勉強法をこれから書いていきます。今では中国語が大好きになりました。