中国語教室開催のスピーチコンテストに出場

MENU

教室主催の中国語スピーチコンテストに出場

中国語スピーチコンテスト優勝

中国語の勉強を始めたきっかけから話す
わたしの中国語物語(全15回)

 

エピソード7

 

前回は中国語スピーチコンテストに出場するきっかけをお話しました。きっかけと言っても誘われただけなんです。

 

スピーチコンテストでは大きな声おもしろく、この二つを重視して挑みました。発音なんて直前にどうにもならないのです。そして、発音に気を取られると大きな声にならなかったり、話の流れが悪くなりおもしろさがなくなると思ったからです。

 

もちろん、大きな声でちゃんとした発音の人もいると思います。そして、そうなろうとすることは重要です。でも、スピーチコンテストを目の前にしたときどうしても声の大きさを優先した方がいいと思ったのです。

 

この見切り発車は語学において重要なポイントです。完璧になるまで前に進まない人もいますが、全体を捉え重要なものからやることも大切です。

 

なので発音はこの時じゃなくスピーチコンテストが終わりじっくりやればいいと思いました。そんなことを考えるきっかけをもらっただけでも有難かったです。


中国語スピーチの作戦は老師の名前の連呼とテレサテンの歌

スピーチコンテストのテーマは「中国人観光客との接し方」でした。

 

パーティーに来ていた人は30人くらいでその内の5人がスピーチコンテスト出場者でした。いざ始まると無我夢中でした。会場の全体感をつかむようにしました。まるでお笑いライブです。

 

作戦通り老師の名前を連呼したり、老師のモノマネをしたり、テレサテンの歌詞の一部を歌ったりして盛り上げました。5分間のスピーチでしたが、途中からどんどん会場が一体化していくのがわかりました。

 

もうこうなったら中国語のレベルチェックなのか、表現力のレベルチェックなのかわからなくなります。コンテストなので全体を捉えたほうがいいというのは反応でわかりました。担当の老師も後ろで「よし!」と頷いていました。

 

 

この歌のサビを歌いました。古い歌だけど中国語学習者だったら多くの人が知っている歌を選びました。

 

我只在乎你 song by 鄧麗君(中国語)
時の流れに身をまかせ song by テレサテン(日本語)

中国語スピーチコンテスト優勝は伝える力があったから

結果はなんと優勝

 

後で聞くとスピーチコンテスト出場者には中国語検定準1級を持っている人や留学経験者もいました。しかしその人たちは緊張でガチガチになっていたり、内容が堅かったりしていました。作戦勝ちです。

 

ちなみにわたしはこのとき中国語検定3級に落ちるレベルでした(恥)。

 

ということで中国語力では無いような気がしていました。すると最後に中国語教室の代表が伝わることが1番大事だということを言ってそのパーティーの終わりの言葉にしていました。

 

なるほどと思い、パーティー会場を後にしました。

 

優勝した人に贈られる副賞がこれからの中国語のレベルアップに大きく関係してくるのです。その話はまた次回に。エピソード8に続く…

関連ページ

中国語を始めたきっかけと台湾人の友達との京都での出会い
なぜ中国語の勉強を始めたのかきっかけをよく質問されます。何から話せばいいのか迷うときもありますがやはり大きなきっかけは京都で台湾人の友達ができたことです。コミュニケーション能力が高い友達のおかげでその後の外国語学習がスムーズにいきました。
京都でまた会いましょうといった約束を守り台湾旅行
京都でまた会いましょうと言った台湾人の友達を頼りに台湾一人旅。日本人の友達を参考にしたコミュニケーション能力のおかげです。初めての台湾で中国語も話せないのに楽しくて楽しくて大好きになりました。次回は中国語で話そうと決断しました。
格安中国語教室で1週間に90分駅前留学の決意をする
テキストとNHKテレビで中国語が理解できず中国語教室へプチ駅前留学。初級中級上級の一般的なクラスではなく自由会話という難易度が高いけど格安なクラスを選択。ここには1週間に90分、海外にいるのと変わらない空気がありました。
中国語自由会話というクラスピンチはチャンスの勉強法
中国語自由会話というクラスを受講しました。老師とクラスメイトのネイティブの語学シャワーを浴びながら学習しました。最初はまったくわかりませんでした。しかしこのピンチはチャンスに変わっていきました。日本に居ながら留学できる環境に出会えたのです。
中国語を話せる日本人を中国人だと思ってしまう3つの理由
まだ中国語を話せない頃、話せる日本人を見て中国人かと思っていました。その理由も自分が話せるようになるとわかってきました。同じアジア系の顔ということと、知らない言葉はレベルもわからないということ、そしてちょっと怒っているように聞こえる訳もわかってきました。
心のスイッチをオンにして中国語スピーチコンテストの舞台に立つ
3歳児レベルの中国語力のわたしが教室のスピーチコンテストに挑んだ物語。プライベートでは恥ずかしがり屋のわたしが仕事のときはスイッチをオンに入れて堂々とプレゼンもやります。これを応用してスピーチコンテストに挑みました。内心はドキドキでした。
中国語スピーチコンテスト優勝の副賞は1カ月無料授業受け放題
中国語の勉強を何年しましたかとよく聞かれますが、どのくらいの期間集中したかが重要になってきます。その考えの基礎ができたのがスピーチコンテスト優勝で手にした副賞の1カ月無料授業受け放題です。クラスメイトとも老師とも仲良くなり充実した日々でした。
中国語のリスニング問題は楽勝になり仕事でレベルアップする
検定試験よりも実践で磨いて上達する中国語勉強法をこの頃から目指すようになりました。この方法が楽しくて身に付くからです。中国語検定3級のリスニングを軽くクリアしたけど、文法と四声は苦労したのでそこからヒントを得ました。勉強と楽しさは関係があるのです。
ミスチルの終わりなき旅を勇気を持って実践する台湾人
台湾人の友達が日本へやってきました。ミスチルのライブのチケットが取れたそうです。ミスターチルドレンの終わりなき旅を勇気を持って実践する人です。この朋友と過ごした1日のおかげで中国語力が伸びました。そしてコツもつかめました。
台湾人の友達との出会いで中国語会話の上達のコツを学ぶ
台湾人との出会いで中国語会話の上達のコツを学習。1日だけ一緒に食事しただけでもたくさんの中国語勉強法の発見がありました。大事なのはコミュニケーション。そのために重要なのは相手を思いやる気持ち。会話の基本は単語や発音でなく気持ちですね。
簡単な小学生のような日記で上達させる中国語勉強法
小学生のような簡単な中国語で文法力を上げ上達させるコツが日記にありました。テキストを何回もペラペラめくりシンプルな文法の考え辿りつきました。この中国語勉強法は後日自分が中国語を教えるときに大いに役立つことになります。
市役所の観光ボランティアで対応力を磨く中国語勉強法
市役所の観光ボランティアで対応力を磨く中国語勉強法の話です。なんとなく話せるようになったので市役所に中国語ボランティアを登録しました。おもてなしの心があれば登録できます。ここで対応した中国人観光客のおかげでさらに中国語力が伸びていきました。
中国語勉強法のコツは自然と湧き出る話したい気持ち
日本でゼロから中国語を勉強していざ台湾一人旅へ。台湾人とのコミュニケーションが楽しくて楽しくて。やる気とかモチベーションとかいうけど自然と湧き出る話したいという気持ちが大切だと実感しました。中国語勉強法のコツのメモ帳も大活躍でした。
語学が好きになり世界が広がる日本人のための中国語勉強法
ゼロから中国語を勉強して3年が経ちました。話せるようになりました。中国語は脳トレになっています。市販のテキストには書いてないわたしが体験した日本人学習者におすすめの中国語勉強法をこれから書いていきます。今では中国語が大好きになりました。