京都で台湾人の友達との縁がきっかけで中国語を始める

MENU

中国語物語エピソード1から15のゼロからの語学曲線

ゼロから中国語を勉強して話せるまでの3年間のエピソードを15回にわたり書いています。語学曲線が上昇するには不思議な出会いや縁がありました。もちろん努力して勉強もしました。

 

京都での出会い、中国語スピーチコンテスト、ミスチルのライブに来た台湾人など今思い出してもその時その時の点がうまくつながって線になり中国語が上達しました。

 

1から順番に読むと時系列で進んでいきます。この3年間の中国語物語はわたしの宝になりました。

 

中国語物語1
台湾人との出会い

 

中国語物語2
台湾旅行で再会

 

中国語物語3
週90分駅前留学

 

中国語物語4
ピンチはチャンス

 

中国語物語5
3歳児のように話す

 

中国語物語6
心のスイッチをオン

 

中国語物語7
スピーチコンテスト

 

中国語物語8
副賞は授業受け放題

 

中国語物語9
中国語脳になる

 

中国語物語10
台湾人朋友が来日

 

中国語物語11
会話のキャッチボール

 

中国語物語12
シンプル文法の発見

 

中国語物語13
観光ボランティア

 

中国語物語14
話したい気持ち

 

中国語物語15
中国語が大好き

中国語を始めたエピソード記事一覧

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード1中国語を始めたきっかけはなんですか?とよく聞かれます。たくさんのきっかけがあり過ぎて一晩中話しても終わらないような内容なのですが、どれかひとつと言われたらこれを答えます。台湾人の友達との出会いです。この台湾人の友達と出会ってなかったら中国語の勉強を始めてないと思います。たとえ始めたとしても続かなかったと思います。今では中...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード2台湾人と出会い中国語を勉強しようと決断したもののあっという間に1年が過ぎました。人間の意志なんてこんなものなのかもしれませんね。うなずいている人も多いかも。中国語の勉強はスタートしていないもののずっと頭の片隅に中国語のことがありました。中国語と同時に台湾人の友達のことも頭の片隅にありました。京都で会ったときに次は台湾で会...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード31週間の台湾一人旅から帰ってきて重い腰を上げて勉強を始めました。まずは大きな本屋に行きテキスト選びをしました。何かゼロから始めるときはいつも本をチェックします。図書館に行くことも多いのですが、中国語のテキストは本屋の方が豊富にあり、新しいものほど内容がいい気がして本屋に行きました。(中国語を話せるようになった今では「新し...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード4前回のエピソード3でテキストを買ってもNHKテレビで中国語を見てもチンプンカンプンで、もうどうにもならないから中国語教室を探し、料金の問題から半額で受講できる自由会話という難易度の高いクラスに行くことを決意したとこまで書きました。いざ授業が始まり初日のことです。日本人のクラスメイトが1人来ていました。授業が始まる前は普通...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード5中国語の教室に1週間に1回行くようになり2年の月日が経とうとしていました。それでもクラスメイトの話す中国語はチンプンカンプンでした。本当にこの人たちは日本人なのか~本当は中国人じゃないのかと疑いを持つくらいでした。中国語を話せないときは話せる人を見ると中国人と思ってしまいます。それはいくつか理由があることに気付きました。...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード6なんとなく3歳児のような中国語を話せるようになったときに、中国語教室のスタッフの人からスピーチコンテストに出てみないかと言われました。ほとんど教室のイベントに出ていなかったのですが、これは中国語上達のためだと思い出場することにしました。ちなみにレベルは関係なく誰でも先着順で参加できます。先着順で規定の5名に達していなかっ...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード7前回は中国語スピーチコンテストに出場するきっかけをお話しました。きっかけと言っても誘われただけなんです。スピーチコンテストでは大きな声でおもしろく、この二つを重視して挑みました。発音なんて直前にどうにもならないのです。そして、発音に気を取られると大きな声にならなかったり、話の流れが悪くなりおもしろさがなくなると思ったから...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード8前回、語学教室のスピーチコンテストで優勝したストーリーをお話しました。今回はそのスピーチコンテスト後の話です。ここにスピーチコンテストよりも大きな試練と喜びが待っていました。よく想像が大事だとかイメージが大事だとかいいます。ある部分はもちろん大切なのですが、スピーチコンテスト後に起こった出来事は、まったくイメージしていな...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード9中国語スピーチコンテストで優勝した副賞の1カ月無料授業受け放題の期間が終わりました。頭の中はすっかり中国語脳になりました。そして話すコツがわかり話せるようになりました。話せるということをどう表現していいかわかりませんが、言いたいことは言えるようになりました。1カ月集中するとこんなに成果があるとは自分でもびっくりしました。...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード10すっかり中国語脳になり、集中して勉強する気持ち良さも感じることができ、それからは中国語を話したくてウズウズしていました。そんなときに1通のメールが来ました。台湾人の友達からでした。日本に行くので遊びませんかという内容でした。Mr.Childrenのライブがあるので台湾から来るそうです。ミスチルのライブは人気で東京も大阪...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード11ミスチルのライブを日本に見にきた台湾人の友達の話の続きです。この友達と話しているとなぜかわかる中国語。話せるようになったといっても、友達の悩みや夢まで中国語でわかるとは思っていませんでした。ではこのときなぜわかったのでしょうか。まるで魔法を掛けられたみたいにわかりました。友達は魔法使いなのかもしくは自分が魔法使いになっ...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード12どんどん中国語を話せるようになっているもののまだまだもどかしい。。。もっともっと思ったこと言いたいことを話したいと思うようになりました。これだけでも進歩です。ミスチルのライブを見に来た台湾人の友達のエピソードの通り1日で上達することもあります。しかしやっぱりもどかしい。なのでここで文法をやり直すことにしました。

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード13台湾人の友達とは中国語で会話できるようになりました。次のステップを考えていたらいい機会が巡ってきました。市役所の観光ボランティアです。ちなみに登録は中国語や外国語のレベルに関係なくおもてなしの心があれば誰でも登録できます。おもてなしの精神があれば話す以外のこともいろいろできるし役立てるからです。さっそく登録して参加する...

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード14中国語をゼロから勉強し3年が経ち、この期間は外国に行くこともなく日本で中国語を勉強していました。いい年齢になってゼロから新しいことを始めたわけですがなんとか話せるようになりました。せっかく話せるようになったので、中国語を勉強するきっかけにもなった台湾へ1週間一人旅にいきました。

中国語の勉強を始めたきっかけから話すわたしの中国語物語(全15回)エピソード15ゼロから勉強を始め3年が経ちました。よく聞かれる「何年くらい勉強したら中国語を話せるようになりますか?」という質問には二つのチェックポイントがあることがわかりました。1.集中した時間がどのくらいか2.話せるというレベルはどんなレベルか集中した時間に比例します。そして1日に10分勉強した3年と1日に2時間勉強した3年でも...