年齢と漢字の固定概念にとらわれないシンガポール中国語学習法

MENU
中国語勉強法
わたしが使った書店のテキストやオリジナル教材などを具体的に紹介。

シンガポールの多言語学習を見本に中国語を勉強する方法

シンガポール

シンガポールに行ったことがない人は「シンガポールって英語じゃないの?」と言います。これは間違いではないのですが的を得ていません。シンガポールの公用語は英語ですが、みんな3カ国語以上話しています。

 

ここにポイントがあります。

 

国=人種=言語

 

大きくみると日本はこれが1つです。この方程式が頭の中にありこの考え方で質問してきます。この方程式が当てはまる国もあれば当てはまらない国もあります。

 

シンガポールは多くの人種がいて多くの言語を話します。なのでこの方程式は当てはまりません。

 

外国に行くと視野が広がるとか頭が柔らかくなるとかいいますが、今までの固定概念が崩れていくのがもしかしたらいい経験ということになるのかもしれません。


シンガポールでは中国語のことを華語とマンダリンという

シンガポールではみんな英語を話します。そして70%以上を占める華人たちが中国語を話します。福建語や広東語を話す人もいます。この華人たちの共通言語が中国語(普通話)です。

 

ちなみにシンガポールの人たちは中国語のことを中国語で>華語といいます。台湾は中文ということが多いですね。中国大陸の人は漢語という人が多いです。

 

中国語のことを中国語で何というか

 

シンガポール>華語
台湾>中文
中国大陸>漢語

 

ちなみにシンガポール人たちは英語で中国語のことをMandarin(マンダリン)といいます。これらのことは海外経験豊富な人や中国語ペラペラな人には当たり前な話かもしれませんがわたしは日本で学んだことの殻が破けたようでこれだけでも外の世界が見えて明るくなりました。

シンガポールの公用語は英語だけど中国語の簡体字表記もたくさん

シンガポールの街を歩くと中国語の簡体字表示もたくさんあります。公用語が英語なので英語と中国語の併記が多く、危険な場所は英語、中国語、タミル語、マレー語の4カ国語表記です。

 

街を歩いているだけで勉強になります。

 

シンガポール中国語

シンガポールで固定概念を崩し中国語の語学曲線が急上昇

シンガポールでいくつかの中国語勉強の固定概念が崩れました。そして中国語の語学曲線が急上昇しました。

 

1.漢字が書けない読めないけど中国語ペラペラなシンガポール人
2.語学に年齢と才能は関係ない

 

漢字
シンガポール人の70%以上を占める華人は中国語を話します。しかし漢字を読めない書けない人と何人も会いました。こんなシンガポール人が多いそうです。

 

耳だけで中国語を覚えて話せるようになっています。遊んでいるときに何人もスマホの検索を漢字で入力してあげました。本当に書けないのです。

 

日本人からすると漢字を使わずに中国語を勉強するなんて不思議な感じがします。しかし可能なんです。ちょっと漢字を使わずに耳に集中すると意外と会話はすぐに伸びていきそうな気がしました。漢字の国の日本人も、漢字を活用したり、漢字に頼らないようにしたり、中国語の学習を上手くバランスをとることが大事だと思いました。

 

年齢
若い人もお年寄りも年齢は関係なく何カ国語も話しています。具体的にこの人たちを目の前にしたとき「年齢は関係無いな」と確信しました。8カ国語話す人と仲良くなりこんなことを言っていました。

 

「你觉得可能的话可能,不可能的话不可能。
(可能と思えば可能だし、不可能と思えば不可能だよ)」

 

わたしの名言となりました。

関連ページ

シンガポールの公用語は英語だけどみんな中国語を話している
シンガポールの公用語は英語だけどみんな中国語を話しています。地名は知っていても場所も大きさも面積も意外と知らないシンガポール。赤道直下にあって常夏で、面積は東京23区くらい。日本との時差は2時間です。シンガポールの中国語は標準的な北京語の普通話で簡体字漢字を使用。