インターネット検索の知識が中国語の勉強に役立つ

MENU

情報化社会になり中国語も検索できる時代に

情報化社会

何でも気軽にスマホやパソコンで調べることができる時代になりました。もう脳で記憶しなくてもインターネットがすべて解決してくれると思っている人も多いかもしれません。

 

しかし、脳に知識が必要ない時代がやってきているのかというとそうではないようです。高度情報化社会になり実は知識がある人と無い人との格差が広がってきています。これは中国語の分野でも同じです。

 

中国語の勉強方法の検索をしてこのサイトにたどり着いたはずです。知識と行動が新たな世界へといざなってくれるのです。知識を増やし行動することが大事なのです。


中国語の知識がある人と無い人のインターネットの使い方の違い

中国語の知識のある人と無い人を比較してみましょう。もちろんわたしも最初は知識の無い人でした。高度情報化社会では大きく差が広がっていきます。

 

知識のある人
持っている知識で検索できる
検索した知識でさらに知識が増える
増えた知識の相乗効果で情報が集まる

 

知識のない人
インターネット検索でも表面的にしか読み込めない
知識がないので情報が集まらない
情報が集まらないので方法に限りがある

 

知識のある無しは最初はそんな差はありませんが、だんだんと差は広がり、相乗効果があるかどうかの段階になると、大きな差となります。

中国語も知識が相乗効果を呼び増加する

中国語を勉強する以前は中国のことも、中国文化のことも、台湾のこともシンガポールのことも知識はありませんでした。知識が無いときに質問されても答えようがありませんでした。「台湾ってどんなところですか?」と聞かれても答えようがなかったのです。

 

それが中国語を勉強にしていくにつれて、知識が身につき単語も増えてきました。台湾の地名や、台湾の映画、台湾の芸能人、歌の名前、そしてこの知識とともに中国語単語も増えていきました。知らないときと知ったあとでは検索する単語の数も組み合わせも違い、見つけることができる情報量も違います。

 

知識が知識を呼び相乗効果でどんどん知識が増えていきます。

中国語の知識を増やしその視点でさらに分析していく

富士山

興味や関心が無いと知識は増えていきません。豊富な知識で情報化社会の中で上手く生きていくことができます。

 

視点を変えて考えてみましょう。変化したのは自分の知識の方で対象であるこの場合の中国語は変化していません。もうすでに中国語はあるけど、それをどんな視点で見ていくかで中国語の見え方が違うのです。なので視点の数を増やしたり、視点を鋭くさせればいいのです。

 

なので中国語が難しいのではなく視点の持ち方が難しいし人それぞれということになります。山登りと似ています。富士山はそこにあり変化しません。富士山が難しいのではなく富士山に登るための体力やルートや装備が問題になってくるのです。

 

なのでそこにある動かないものに対しては自分が視点を磨き動かし挑むしかないのです。中国語も同じことです。中国語が難しいのではなく、勉強する人の視点やその視点の動かし方に問題があります。だからこそ情報化社会で知識を増やすことは武器になります。

 

まとめ
1.知識を増やす
2.その知識で情報を深く集める
3.知識と情報で中国語を分析する


関連ページ

大人になってからも中国語勉強の記憶力は伸ばせる
大人になってからも中国語勉強の記憶力は伸ばせます。記憶力をつくるメカニズムである前頭葉に知識が蓄積され経験によってその知識が記憶へと変化します。中国語の勉強で大事な交流が経験になり知識が記憶へと変化するのです。もう年だからと心配しなくてもいいのです。
3ステップで中国語勉強の記憶力を強化する方法
3ステップで中国語勉強の記憶力を強化する方法を紹介。覚える整理する思い出すの3ステップの記憶術です。近道はいつもおすすめしているネイティブとの交流です。この経験が記憶を定着させてくれます。記銘・保持・想起とも言えます。
短期中期長期記憶を活用して中国語を勉強する方法
短期中期長期記憶を活用して中国語を勉強する方法を紹介します。ポイントは9時間以内に復習すること。9時間以内に脳にインプットして復習して想起させることにより一生忘れない記憶となります。人間の脳のメカニズムを上手く活用するのです。
情報を制御して中国語の勉強の記憶力を上げるやり方
情報を制御して中国語の勉強の記憶力を上げるやり方です。脳は忘れる機能があります。これはプラス面もマイナス面も両方あります。ここを自己管理しコントロールすると日本でも独学可能な中国語の勉強の方法が見つかります。
中国語の復習する時間が無いなら目的を持って勉強しよう
中国語の復習する時間が無いなら目的を持って勉強しよう。目的を持つと中国語の勉強が効率的になります。学生時代の記憶力は復習の回数がキーポイントでした。社会人になったら目的を持つことで効率的学習が実現します。目的は人それぞれ。興味をもつことが重要です。
睡眠と記憶力の関係とは?規則正しい生活が中国語上達のカギ
睡眠と記憶力の関係とは?規則正しい生活が中国語上達のカギになります。自分自信のちょうどいい睡眠時間を見つけましょう。見つけたら中国語の睡眠学習をすることをおすすめします。睡眠時は無になれるので集中する時間をつくることができます。
中国語学習の記憶力を高める10の基本原則!これでぺらぺらに
中国語学習の記憶力を高める10の基本原則を紹介。これを使いこなせばぺらぺらになります。五感を使ったり、色や数字を使う方法です。今までも使ったことがある方法のはずですが体系的にまとめると勉強方法もすっきりして上達する速度も早くなります。
目的を意識して好奇心をコントロールして中国語の勉強を脳科学する
目的を意識して好奇心をコントロールして中国語の勉強を脳科学する方法を紹介。子供のようなワクワクが中国語をぺらぺらにします。目的や好奇心は具体的でマニアックな内容をおすすめします。目的が語学曲線を急上昇させます。脳にアンテナを立てるような感じです。
中国語をむやみに暗記するより理解する方が記憶の近道
中国語をむやみに暗記するより理解する方が記憶の近道です。年齢のせいでも環境のせいでもありません。理解が足りないときに記憶力が低下します。テキストの勉強と平行してネイティブと会話しながら勉強していきましょう。理解度が滑らかに上がります。
中国語筆記記憶術!ノートに書いて右脳を活性化
中国語筆記記憶術!ノートに書いて脳を活性化させましょう。書くときには注意点があります。脳が動いてない状態でいくら手を動かしても記憶力は高まりません。漢字の弊害もあります。メモ帳にポイントを書いて中国語を勉強する方法はおすすめです。
中国語の復習はいつ何回すれば効果的か!長期記憶に変わるまで
中国語の復習はいつ何回すれば効果的なのか。短期記憶が長期記憶に変わるまで5つの復習ポイントがあります。同じ教室、同じテキストでも伸びる人と伸びない人の違いはここにあります。中国語勉強の復習のタイミングを知ると自然と語学力が向上します。
映像化とインパクトが中国語の記憶力を高める!旅をせよ
映像化とインパクトが中国語の記憶力を高めます。歴史年号や円周率の語呂合わせもそのひとつです。物語力は記憶を呼び戻しやすくなる方法です。その方法を自然とつくれるのが旅です。特に個人で行動する一人旅はおすすめです。
音読ブツブツ独り言中国語勉強法!散歩中が最適
音読ブツブツ独り言中国語勉強法を紹介。散歩中が最適です。脳が活性化するのはワクワクしているとき。これを音読の中国語勉強法にも結びつけます。音読で中国語を上達させる方法です。役者が台本を覚えるようにやるのもひとつの方法です。
中国語生活日常単語を付箋ノートで記憶して勉強する方法
中国語生活日常単語をポストイット付箋ノートで記憶する方法を紹介。ポストイットで中国語脳占有率を高めていきましょう。自宅やオフィスにポストイットに中国語を書いて貼っておきます。見るたびに発音して覚えていくと中国語が日常に溶け込んでいきます。