知識に経験を重ね合わせる中国語記憶術

MENU
中国語勉強法
わたしが使った書店のテキストやオリジナル教材などを具体的に紹介。

年齢は関係ない中国語の記憶術とは

年齢

「もう年だから~」と言って、いろんなことを諦めていませんか?中国語を勉強しているときもこんな人をよく見かけます。60歳以上の人もいれば、20歳そこそこで高校生のときと比べると格段に記憶力が落ちたと嘆いている人がいます。

 

果たして本当に記憶力は落ちるものなのでしょうか?

 

ある視点から見ると記憶力は低下します。しかし違う視点から見ると年齢なんて関係ありません。どちらかというと記憶力向上にもつながる視点もあります。中国語の勉強に関連させて解説していきます。


年齢で変化する記憶力の特徴を中国語に応用する

年齢とともに記憶力の定着の仕方は変化します。これを知っておくと中国語の勉強のみならずいろんな記憶力にいい影響を与えます。

 

0~10歳
前頭葉が発達し記憶力のメカニズムをつくる。

 

10代~40代
理解力を含めた総合的な記憶力が高まる。

 

40代以降
知識と経験をつなぎ合わせ記憶力を増強。

 

年齢別に記憶力の特徴は違います。一般的に10歳までに前頭葉で記憶力のメカニズムである神経回路をつくるので、それ以降は記憶力は低下するといわれています。

 

しかし人間の記憶力のメカニズムは素晴らしく、大人になってもその一部しか使っていないといわれています。

 

10代以降に知識をどんどん脳に入れていきます。この頃はまだ暗記が得意です。試験前の一夜漬けが効果があります。ただしこれは暗記であり記憶ではありません。

 

暗記の中の一部が知識になり定着していきます。その知識と経験や理解力が結びつき記憶となります。

 

整理すると
1.前頭葉で記憶のメカニズムができる。
2.学習して知識が増える。
3.経験を知識に重ねる。
4.理解力が深まる。
5.記憶力が伸びる。

 

中国語で例えていうと、テキストで勉強することは「2.学習して知識が増える。」段階です。いつもおすすめしている「交流」が「3.経験を知識に重ねる。」段階です。交流することにより知識と重ねます。カードを合わせる感覚です。「おいしい」と「好吃」のカードを合わせるような感覚です。

 

交流(経験)と学習(知識)はどちらが先でもいいと思っています。知識が先行して経験(行動)をしない人が多く結局中国語単語が記憶できず定着しない人が多いので交流を先にすることをおすすめしています。頭でっかちになるとなかなか交流したくなくなるのが世の常です。

プラスの自己暗示で中国語の記憶を向上させよう

年をとると物覚えが悪くなると思っている人が多いと思いますが、この交流(経験)をすることで実は記憶力は高まるので年齢はあまり関係ないのです。もともと脳の能力の数パーセントしか使っていないのだから、これは単なる言い訳であって、さらに言うと自己暗示によるものが大きいのです。「もう年だから記憶できない」という自己暗示は本当に記憶力が低下する原因になるので注意してください。

 

逆に記憶できるというプラスの自己暗示力で記憶力は伸びます。わたしは楽しいことを妄想していつも中国語を勉強していました。そしてネイティブの友達と交流することによって中国語単語の答え合わせをやっていました。

 

まとめ
記憶力は大人になってからも伸ばせる。

関連ページ

3ステップで中国語勉強の記憶力を強化する方法
3ステップで中国語勉強の記憶力を強化する方法を紹介。覚える整理する思い出すの3ステップの記憶術です。近道はいつもおすすめしているネイティブとの交流です。この経験が記憶を定着させてくれます。記銘・保持・想起とも言えます。
短期中期長期記憶を活用して中国語を勉強する方法
短期中期長期記憶を活用して中国語を勉強する方法を紹介します。ポイントは9時間以内に復習すること。9時間以内に脳にインプットして復習して想起させることにより一生忘れない記憶となります。人間の脳のメカニズムを上手く活用するのです。
情報を制御して中国語の勉強の記憶力を上げるやり方
情報を制御して中国語の勉強の記憶力を上げるやり方です。脳は忘れる機能があります。これはプラス面もマイナス面も両方あります。ここを自己管理しコントロールすると日本でも独学可能な中国語の勉強の方法が見つかります。
中国語の復習する時間が無いなら目的を持って勉強しよう
中国語の復習する時間が無いなら目的を持って勉強しよう。目的を持つと中国語の勉強が効率的になります。学生時代の記憶力は復習の回数がキーポイントでした。社会人になったら目的を持つことで効率的学習が実現します。目的は人それぞれ。興味をもつことが重要です。
インターネットの情報化社会で中国語の知識が増える方法とは
インターネットの情報化社会で中国語の知識が増える方法とは。知識は情報を読むときのバックボーンとなります。この知識が増えれば増えるほど情報を読み解く力が付きます。中国語も同じこと。知識が増えれば中国語のインターネット検索の力がつき情報が集まります。
睡眠と記憶力の関係とは?規則正しい生活が中国語上達のカギ
睡眠と記憶力の関係とは?規則正しい生活が中国語上達のカギになります。自分自信のちょうどいい睡眠時間を見つけましょう。見つけたら中国語の睡眠学習をすることをおすすめします。睡眠時は無になれるので集中する時間をつくることができます。
中国語学習の記憶力を高める10の基本原則!これでぺらぺらに
中国語学習の記憶力を高める10の基本原則を紹介。これを使いこなせばぺらぺらになります。五感を使ったり、色や数字を使う方法です。今までも使ったことがある方法のはずですが体系的にまとめると勉強方法もすっきりして上達する速度も早くなります。
目的を意識して好奇心をコントロールして中国語の勉強を脳科学する
目的を意識して好奇心をコントロールして中国語の勉強を脳科学する方法を紹介。子供のようなワクワクが中国語をぺらぺらにします。目的や好奇心は具体的でマニアックな内容をおすすめします。目的が語学曲線を急上昇させます。脳にアンテナを立てるような感じです。
中国語をむやみに暗記するより理解する方が記憶の近道
中国語をむやみに暗記するより理解する方が記憶の近道です。年齢のせいでも環境のせいでもありません。理解が足りないときに記憶力が低下します。テキストの勉強と平行してネイティブと会話しながら勉強していきましょう。理解度が滑らかに上がります。
中国語筆記記憶術!ノートに書いて右脳を活性化
中国語筆記記憶術!ノートに書いて脳を活性化させましょう。書くときには注意点があります。脳が動いてない状態でいくら手を動かしても記憶力は高まりません。漢字の弊害もあります。メモ帳にポイントを書いて中国語を勉強する方法はおすすめです。
中国語の復習はいつ何回すれば効果的か!長期記憶に変わるまで
中国語の復習はいつ何回すれば効果的なのか。短期記憶が長期記憶に変わるまで5つの復習ポイントがあります。同じ教室、同じテキストでも伸びる人と伸びない人の違いはここにあります。中国語勉強の復習のタイミングを知ると自然と語学力が向上します。
映像化とインパクトが中国語の記憶力を高める!旅をせよ
映像化とインパクトが中国語の記憶力を高めます。歴史年号や円周率の語呂合わせもそのひとつです。物語力は記憶を呼び戻しやすくなる方法です。その方法を自然とつくれるのが旅です。特に個人で行動する一人旅はおすすめです。
音読ブツブツ独り言中国語勉強法!散歩中が最適
音読ブツブツ独り言中国語勉強法を紹介。散歩中が最適です。脳が活性化するのはワクワクしているとき。これを音読の中国語勉強法にも結びつけます。音読で中国語を上達させる方法です。役者が台本を覚えるようにやるのもひとつの方法です。
中国語生活日常単語を付箋ノートで記憶して勉強する方法
中国語生活日常単語をポストイット付箋ノートで記憶する方法を紹介。ポストイットで中国語脳占有率を高めていきましょう。自宅やオフィスにポストイットに中国語を書いて貼っておきます。見るたびに発音して覚えていくと中国語が日常に溶け込んでいきます。