中国語単語暗記術のいろいろな方法

MENU

中国語単語記憶術記事一覧

「もう年だから~」と言って、いろんなことを諦めていませんか?中国語を勉強しているときもこんな人をよく見かけます。60歳以上の人もいれば、20歳そこそこで高校生のときと比べると格段に記憶力が落ちたと嘆いている人がいます。果たして本当に記憶力は落ちるものなのでしょうか?ある視点から見ると記憶力は低下します。しかし違う視点から見ると年齢なんて関係ありません。どちらかというと記憶力向上にもつながる視点もあ...

記憶力を強化する方法です。どんな記憶力にも応用できますが、もちろん今回も中国語の記憶力について解説していきます。3ステップです。流れをつかむと誰でもできます。「記憶力が低下している」「もう年だから」と思っている人はこの3ステップの流れが悪い人なのかもしれません。どこかで流れがつまれば、水の流れのようにつまってしまい思い出せません。どの部分で流れがつまっているかチェックすると年齢に関係なく記憶力を強...

「昨日の晩ごはんは何を食べましたか?」この質問は記憶力を問うものとしてよく使われます。これには実は時間という概念が大きく関係しています。中国語テキストを勉強してもなかなか頭に入ってこない人は「昨日の晩ごはんは何を食べましたか?」、これを応用すると頭に入ってきます。記憶力がないとあきらめるのではなく、記憶力を自分でコントロールする方法を紹介します。時間という概念を脳に関係させます。最初は脳が悲鳴をあ...

いくら勉強しても頭の中に全然残らず、いつまで経っても中国語が上達しない人にチェックしてほしい勉強法です。いつまで経っても上達しないときは1度ストップして「なぜ」を3回くらい繰り返すと答えが見えてトンネルから抜けることができます。勉強をしても中国語が上達しないときは「なぜ」上達しないのかじっくり考えてみましょう。今回は脳に上書きされる機能について分析し、それを中国語の勉強にどう活かすか考えてみました...

学生時代は英単語や歴史年号など覚えられたのに、大人になって記憶できないと嘆いていませんか?そしてそれを年齢のせいにしていませんか?はっきり言うと、年齢のせいではありません。復習する回数の激減に原因はあります。復習とはインプットとアウトプットの回数を繰り返すこと。大人になると、時間がないことを理由に復習できず、1回テキストを読んで終わりという人も多いのではないでしょうか?年齢のせいではなく復習する時...

何でも気軽にスマホやパソコンで調べることができる時代になりました。もう脳で記憶しなくてもインターネットがすべて解決してくれると思っている人も多いかもしれません。しかし、脳に知識が必要ない時代がやってきているのかというとそうではないようです。高度情報化社会になり実は知識がある人と無い人との格差が広がってきています。これは中国語の分野でも同じです。中国語の勉強方法の検索をしてこのサイトにたどり着いたは...

みなさんしっかり寝ていますか?寝ずに中国語を勉強している人いますか?寝ずに中国語を勉強して上達していますか?短期的に見ると寝ずに勉強することで効果があります。締切効果があるときは寝ずに勉強することで一気に効果が見込めることもあります。しかし長期的に見ると寝ずに睡眠不足のまま勉強することは決して効率のいいものではありません。今回は中国語の勉強と睡眠の関係について分析していきます。睡眠学習は可能なのか...

中国語を勉強していてなかなか頭の中に入ってこないという人も多いと思います。なぜ頭の中に入ってこないのか、入ってくるときはどんなときなのか分析し原則がわかると記憶力も向上します。原則はどんな記憶法にも当てはまるのでそれを中国語に当てはめていけばいいのです。今まで使ったことがある原則もあるはずです。知らず知らずのうちに使った記憶法もたどっていけばこのどれかの原則に当てはまる可能性が高いんです。10の記...

あなたは中国語を勉強する目的はありますか?いろんな目的があると思います。勉強する以前の問題として目的が大事です。目的があると自然と関心がそちらに向き、脳はスイッチがオンになった状態になり、目的に関係する情報をどんどん取り込むようになります。自然と脳が動き出す感覚です。どんな中国語の目的でもいいのですが、中国語が上達した人の目的を聞いているとマニアックな目的の人が多いです。マニアックという言葉を言い...

学生時代の試験前の暗記のように中国語を暗記してもなかなか記憶に定着せず会話に結びつかないことがあります。暗記できる人はそのままその方法でいいのですが、暗記ができない人は1度立ち止まって考えてみましょう。記憶を定着させ、その定着させた内容を活用するには理解することが結局近道です。理解していると思い出しやすいのは当然のこと。中国語も理解するように心掛けましょう。理解するときに中国語の勉強ならではの注意...

中国語をノートに書いて勉強している人はどのくらいいるでしょうか?書くことによって右脳が活性化されるので理解度が進みます。しかしこの筆記記憶法も注意が必要です。やみくもに書いても記憶力は向上しません。向上しないばかりか時間の無駄になります。中国語は高校を卒業して勉強する人がほとんど。時間をたっぷりとれるわけではありません。ポイントを突いた勉強法が必要になってきます。書くことは右脳を活性化させますがそ...

中国語の勉強したあとに復習はしていますか?せっかく高いお金を払って中国語教室に行っても復習しないと記憶は定着しません。中国語教室だけでなく独学でも同じことが言えます。では復習はいつ何回どのタイミングですればいいんでしょうか?この答えは記憶力がピークに達したところで復習を繰り返せば短期記憶は長期記憶に変わり定着していきます。その詳しいタイミングを分析していきましょう。

映像化やインパクトで暗記する方法は昔から有名です。みなさんも子供の頃覚えた歴史年号の語呂合わせや円周率の覚え方などが有名。歴史年号の鳴くよ(794)ウグイス平安京はみんな知っていますよね。映像とインパクトで覚えています。別の言い方をすればキーワード記憶法とかリンク法という人も多いです。中国語でもこの語呂合わせを用いることはできますが、ここでは映像とインパクトに注目してみました。ポイントは映像とイン...

みなさんは机に向かって中国語を勉強していますか?それで順調に伸びていれば問題ありません。しかし伸び悩んでいるなら今回の勉強法を取り入れてみてください。大脳生理学から見ても記憶力が上がる勉強法です。それは音読ブツブツ独り言中国語勉強法!散歩しながら独り言を中国語でブツブツ言ってみてください。机の上より頭の回転が鋭くなりどんどん回転していくのを実感できるはずです。

1日にどのくらいの時間中国語を話していますか?どのくらいの時間中国語のことを考えていますか?中国語が脳の中にある時間と中国語の上達は比例します。机の上だけが中国語の勉強ではありません。いつでもどこでも中国語の勉強はできます。今回のおすすめの勉強方法はポストイット(付箋紙)を使った張り紙記憶法です。脳の中の中国語占有率を高め日本語占有率を低くします。日本で勉強していたらなかなか脳の中国語占有率は高ま...