中国語R化音の攻略法

MENU

中国語のR化音の勉強のポイント

中国語のR化音の勉強のポイントを紹介します。

 

中国語の勉強している時に悩まされたことがあります。それかR化のことです。

 

ピンインも見て四声も見てちゃんと勉強したのにR(巻舌)が強い人の発音は全く聞き取れない時期がありました

 

北京や中国の東北地方の人にR化は強いんです。

 

北京

 

その頃、よくしゃべっていた中国の大連出身の中国人もR化が強い人でした。わたしや中国語話している日本人にはR化を強くして話しませんが、中国人同士話している時は全く何を言っているのかわからないくらいR化が強かったのです。

 

これはどういうことか中国を勉強してそして中国を使って仕事をする時にこれが大きな壁になるなと思ってあるかについて少し分析するようになりました。

北京や中国東北地方のR化

北京や中国東北地方の人は特にR化が強いです。ここの人たちと話す時に自分の脳にR化の聞き取りスイッチを入れないといけません。

 

この心構えがあるだけでも随分違ってきました。そして何回も何回も千本ノックのように聞いてるとある時ふとわかるようになりました。

台湾ではR化しない

台湾に行くとまったくR化していません。気持ちいいほどにスパッと止まります。舌を巻いてません。ある意味わかりやすい聞き取りやすい時もあります。どちらが良いというわけではなく、違いを知ることはとても大事です。

 

聞き取る必要はあるけど話す必要はない

 

自分の中で大きなことに気づきましたR化に関してこれは、聞き取る練習をする必要はあるけど話す必要はないということです。R化しない音でも北京の人も中国語(普通話)を聞いてくれます。ちゃんと聞き取ってくれます。

 

しかし、R化した発音を北京や中国東北地方以外でするとちょっと嫌な顔されます。それはあたかも、青い目をした外国人が東北弁や大阪弁などの方言色の強い話し方をするのと似ています。なんであんたは日本人なのにR化した発音を話すの?と思われます。

 

中国語を使って仕事をしていると北京の人や中国東北地方の人も多くいます。なので聞き取る必要は出てきます。R化した音にも耳が反応するようにしておかなければなりません。

 

これはどんどん聞いて自分の頭の中でR化した発音と標準の発音を結び付けていくしかありません。しかし話す必要はないということを知っていれば労力は半分以下で済みます。

中国語のR化音の勉強のポイントの例外

ただし北京に住んだりする場合は例外です。現地に溶け込んでR化した発音にするのが良い場合もあります。それは臨機応変に。対応していきましょう。


イチオシ勉強法
500単語無料メルマガ【ゼロ初心者】
中国語をゼロからスタートする人へ!1日10単語を50回合計500単語をメルマガ無料配信。先着順、人数限定。

スマホで学ぶオリジナル教材【文法・単語・発音】
1番人気は1カ月文法マスター。時間と場所に縛られずにスマホで学べるオリジナル教材です。地方在住者や育児中の人も学んでいます。

3カ月で中国語脳に変換【会話】
とにかく早く中国語を話せるようになりたい人へ。急な海外転勤や出張そして楽しい旅行の準備にも最適。

関連ページ

中国語ピンイン3週間マスター!発音を脳内に構築
中国語ピンインを3週間でマスターするオリジナル教材をつくりました。発音を脳内に構築できます。メルマガで21日間配信していきます。同じピンインは何なのか頭の中を整理できます。これを学べば四声の重要性にも自然と気付きます。
中国語単語を俯瞰せよ!ピンインマスター制作秘話
中国語単語を俯瞰するオリジナル教材ができました。ピンインマスターです。その制作秘話をお話します。孫子の兵法にある「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」をヒントに考えました。母音と子音の組み合わせであるピンインを攻略しましょう。
中国語発音をネイティブ化する14のコツ!ピンインと声調のルール
中国語発音をネイティブ化する14のコツを紹介。ピンインと声調のルールとは。中国語の発音が難しいと思う人はルールを知らず整理できていない人。語学もスポーツに似ています。ピンインや声調、四声のルールを知ることはリスニングや会話に効果的です。
中国語の発音は難しい!だからピンインと四声に分解して勉強
中国語の発音は難しい。その通りです。だからこそピンインと四声に分解して勉強するのがおすすめ。どこが難しいのかわかります。ピンインは覚えること四声は慣れることがポイント。すべてをいきなりやろうとせず目標を細分化しましょう。すると発音が良くなります。
中国語の母音を4グループに分けて発音を勉強する方法
中国語の母音を4グループに分けて発音を勉強する方法を紹介します。中国語の発音は難しいといわれています。中国語の発音はピンインと声調、そしてピンインは母音と子音で構成。分解して勉強していくと発音のコツが見えてきます。
中国語ピンイン3週間マスター5つの復習方法!勉強の理解を深める
中国語ピンイン3週間マスター5つの復習方法を紹介します。メルマガだけでは身につかなかった人もこれで勉強の理解を深めると発音が上達します。母音と子音の組み合わせであるピンイン、これに四声をつけると発音になります。スマホ活用も効果的です。
中国語発音の四声の縛りを解く7つのステップ!単語を右脳でイメージ
中国語発音の四声の縛りを解く7つのステップです。NHKも中国語教室も多くの教材がmaの発音から始まります。このmaの四声に縛られて中国語の発音が怖くなり苦手意識を持つ人が多いです。単語やセンテンスで覚えて右脳を活用する方法を紹介します。
中国語ゼロ初心者がピンインではなくカタカナで発音を覚えるコツ
中国語ゼロ初心者がピンインではなくカタカナで発音を覚えるコツを紹介します。中国語の発音は難しいです。使い慣れてないピンインを勉強してみんな挫折します。その前にカタカナを使った発音の覚え方を伝授します。その後慣れたらピンインの勉強をしてください。
中国語の読みを脳で変換するステップ!初めての学習から
初めての発音練習からの中国語の読みを脳で変換するステップを説明します。カタカナ読みからピンインを発音に移行しピンインと四声を発音へ。次に漢字だけで発音できるようになり最後は発音だけで判断できるようになります。読むと聞くは同時に鍛えることができます。