中国語の複文の文法を女子高生言葉で勉強

MENU

中国語文法の複文を現代口語訳で女子高生風に勉強

複文

中国語の複文とは何か。単文が二つ以上ある文章のことです。

 

簡単なような、難しいような感じですね。

 

日本語でいうところの接続詞を入れて文章をつなげるということです。この接続詞が決まり文句になっていて、慣用句になったりイディオム的な要素があったりします。

 

なので呼応する表現を覚えればOKです。

 

関連詞とも呼ばれていています。

 

しかし最初のうちは何がなんだかわかりません。噛み砕いて考えたらよくわかるようになったのでその方法を紹介します。


中国語の複文の現代口語訳まとめ

複文の決まり文句は現代風に口語訳すればいいんです。みなさんがいつも使っている話し言葉です。するというタイミングや、中国語の気持ちの込め方もわかります。言葉って強弱も重要です。ただ単に発音がよければいいってものではありません。

 

関連詞の口語訳まとめ

 

中国語

日本語口語訳

又~又~ ~でね~でもあるだよね
一边~一边~ ~しながらね~してね
或者~ ~かそれとも~なのよね
因为~所以~ ~だからね~なの
虽然~但是~ いやいやでもね~なの
如果~ もしも~だったらね
除了~以外,~ ~以外は~なの

 

こんな感じで話言葉で覚えたらすんなり入ってきました。女子高生風とも言えます。そして言うべきタイミングで言うべき強弱で中国語を話せるようになりました。

但是おじさんは日本語で「でもね」という人だった

但是おじさんのエピソード

 

中国語会話

中国語を勉強している日本人のおじさんのエピソードです。このおじさんとは中国語だけ話す機会が日本であったときに出会いました。このおじさんもなかなか中国語が上手なのですが、誰よりも中国人よりも但是を連発して言っていました。

 

ある日、日本語で会話しているときにこの理由がわかりました。このおじさんは日本語で「でもね~」を何回も言う人でした。この日本語の癖が中国語に出て、何回も但是というようになっていました。

 

この話を本人にすると、自分では気付いてなかったらしく、ちょっと恥ずかしそうでした。

中国語文法エッセイ20回終了

中国語の文法エッセイを20回にわたり書いてきました。本屋にあるテキストには書いてないことばかりだと思います。エッセイなので自分で感じたことを書きました。中国語を勉強しているときに感じたことをまとめることができたので自分でも書いてよかったと思います。

 

中国語の勉強法の質問もよく受けるので、この記事を読んだらヒントになるよということも言えるようになりました。この中国語文法エッセイの目次はこちらにリンクしています。時間のあるときに連続でゆっくり読むとさらに深くわかると思います。

 

中国語日本語にも似ていて英語にも似ていて、でもある部分は似ていなくて中国語らしいことがわかったと思います。深く勉強すればするほどおもしろくなりますよ。

関連ページ

中国語の基本は四声ピンインの発音!独学で勉強する方法
中国語の基本は四声ピンインの発音です。独学で勉強するには難しいんですが、わたしの方法を紹介します。中国語の四声とピンインの発音のポイントはやはり台湾人の友達でした。そしてテキストと友達を行ったり来たりすることが重要でした。ピンイン俯瞰学習法も紹介。
中国語の数字を1から1万まで言えるようになる勉強のコツ
中国語の数字を1から1万まで言えるようになる勉強のコツを紹介。中国語の数字の読み方と数え方の勉強する方法は3ステップでOK。10までの数字を覚える。1万までの数字を覚える。ナチュラルスピードで練習する。この3つ。ネイティブの友達やラジオを活用しましょう。
中国語は動詞が多くて日本語は名詞が多いという視点からの文法
中国語は動詞が多くて日本語は名詞が多いという視点からの文法を読み解きます。中国語の動詞にフォーカスしたら漢字の羅列だった中国語が凸凹に見えて動詞と名詞に区切りがついて見えてきます。これをトレーニングすると中国語のリスニングもライティングも会話も上達します。
中国語の文法は英語と日本語どちらに似ているか徹底比較
中国語の文法は英語と日本語どちらに似ているか徹底比較していきます。三カ国語を比較すると中国語の文法がより深くわかってきます。勉強することは整理することのようです。基礎を固めるには最適。日本人が疑問に思う「中国語あるある」です。
中国語会話の学校に行く前に覚えたい必ず使う3大動詞
中国語会話の学校に行く前に覚えたい必ず使う3大動詞を紹介。これを勉強しておくだけで学習が濃いものになります。中国語スカイプレッスンも同じです。独学の場合もいきなり難しい問題集をやるよりもこの3大動詞にフォーカスして学習することをおすすめします。
初心者がまず覚えたい中国語の形容詞ベストランキングTOP10
初心者がまず覚えたい中国語の形容詞ベストランキングTOP10を紹介。形容詞を身につけると表現力がつきます。例えば可愛いの中国語形容詞を使いこなせたら友達をつくるつかみはOKです。そこから台湾人の友達ができたことも何度もあります。
中国語の疑問詞を英語と比較しながら簡単に勉強する方法
中国語の疑問詞を英語と比較しながら簡単に勉強する方法を紹介。中国語の疑問詞をマスターして会話を上達させるコツです。会話はキャッチボール。疑問詞が身につくと会話の幅が広がります。これは母国語である日本語にも言えることです。
会話するように訳す中国語文法の連動文の活用の仕方と勉強法
会話するように訳す中国語文法の連動文の活用の仕方と勉強法を紹介します。脳の動きは英語の有名な教材のスピードラーニングと同じです。違う部分は右脳の動きを調整するだけなので無料です。右脳イメージ法なのでスピードラーニング効果はすぐに体感できるはずです。
中国語の介詞を英語の前置詞に変換して勉強する方法
中国語の介詞を英語の前置詞に変換して勉強する方法を紹介。パラシュート方式の中国語の勉強の仕方です。インプット、整理、アウトプットを塗り絵のように塗っていけばOKです。順番は人それぞれ。体当たりで会話している人もこれで説明がつきます。
中国語の副詞をマスターして気持ちを伝えて友達をつくろう
中国語の副詞をマスターして気持ちを伝えて友達をつくろう。副詞を自在に表現できるようになるとコミュニケーションが格段に上がります。オンラインの中国語メールでも副詞で気持ちを表現すると言いたいことが伝わりやすくなります。ぜひ活用しましょう。
中国語の能願動詞で気持ちを表現して交流を深める
中国語の能願動詞で気持ちを表現して交流を深めましょう。中国語の能願動詞の勉強は楽しむことがコツ。自宅で独学するときは友達をイメージして会話をイメージして一人二役で中国語独り言会話で練習することをおすすめします。すぐに上達しますよ。
日本語と似ている中国語の進行形と張芸謀監督映画の活着
日本語と似ている中国語の進行形。在と着と呢も組み合わせで表現します。なんとなくで表現することも多いです。着で思い出すのが張芸謀監督映画の「活着」です。進行形の生きる姿を描いています。この映画を見るとなんとなく進行形のイメージがつかめるはず。
中国語に過去形は無いというのは本当か?日本語とも比較
中国語に過去形は無いというのは本当か?日本語とも比較しながらエッセイを書いていきます。中国語の過去形は了と过で表現しますが、英語のようにはっきりとした規則はありません。日本語のようにだいたいで表現できます。過去の経験も同じです。
中国語の(結果/様態/程度)補語の勉強は習うより慣れろ
中国語の補語には結果補語、様態補語、程度補語などがあります。文法を教科書で勉強すると同時に体当たりで会話の中で慣れることをおすすめします。中国語の補語を勉強したときのエピソードを書きましたので参考にしてください。台湾人との会話でコツをつかみました。
中国語の方向補語はイメージの翼を広げるとわかりやすい
中国語の方向補語はイメージの翼を広げるとわかりやすいです。上や下もイメージを広げると派生した意味が出てきます。中国語の方向補語の勉強は連想ゲームに似ています。これが身に付くとペラペラ目前です。翼を広げて飛べるようになったとき語学曲線が急上昇します。
中国語の比較級の勉強!中国人もランキングが好き
中国語の比較級の勉強のエッセイです。中国人もランキングが好き。何かと比べます。中国人インバウンド観光客が多く来ていますが、中国語の接客販売にも比較級文法を活かすことができます。文法と同時にトークのタイミングが合えば売上も上がっていきます。
中国語の強調文法の把と是的構文をYouTube音楽で勉強
中国語の強調文法の把と是的構文をYouTube音楽で勉強。このサイトで勉強している人もいろいろいるので1.ナツメロ、2.恋愛女子向け、3.スポーツ男子向けに3曲用意しました。好きなジャンルから勉強してみてください。もちろん全部でもOKです。
テキストに書いてない中国語文法受け身の独学勉強方法
テキストに書いてない中国語文法受け身の独学勉強方法を紹介します。中国語文法の受け身のコツは漢字の意味にあります。被だと被害などネガティブなイメージです。漢字の意味で考えていくとわかりやすいですよ。YouTubeの動画勉強法もアップしておきます。
台湾や香港など方言が濃い中国語の語気助詞の勉強方法
中国語の語気助詞の勉強方法を紹介します。台湾や香港など語気助詞は方言と言ってもいいほど濃くらしさが表れます。シンガポールのOK了もいい例です。地域別に語気助詞の例を上げて体験談を交えて書いてみました。ネイティブと話してマネしてみましょう。