中国語の四声とピンインの発音のポイント

MENU

中国語の四声とピンインの発音を習得するときに思ったこと

四声ピンイン

これから中国語の文法教室エッセイで書いていきます。独学で勉強する人には役立つと思います。なぜ役立つかというと壁を感じるところやヒントに思うところが同じだからです。

 

本屋のテキストや語学教室には書いて無いような内容です。しっかりとした基礎的な勉強はテキストや中国人の先生に学んでください。基礎的な内容は世の中にたくさんあるのでそちらにお任せします。そちらも大事なことなのでしっかり学んでください。

 

ここではその基礎的な中国語文法を学ぶときに感じたことを綴っていきます。

 

最初の回はこの内容。

 

四声ピンインの発音

 

シリーズで書いていきます。お楽しみに。


台湾人の友達への質問と中国語テキストで発音攻略

テキストの発音のページを読んでもチンプンカンプンかと思います。わたしも最初はそうでした。しかしいつの間にか発音できるようになっていました。

 

独学でテキストだけで勉強していると、ここで大きな壁に当たると思います。

 

テキストを読んでもまったくわからなかったので、台湾人の友達に質問しました。ここで重要なのが友達に教えてもらうというニュアンスではなくこちらから自発的に質問するというのが振り返ってみるとよかったと思います。

 

テキストを独学>台湾人の友達に質問>テキストで復習

 

こんな流れです。

気持ちを乗せて中国語発音そしてテキストで復習

あるとき「なるほど!」と思う瞬間がありました。簡単な単語の発音がそのときの気分で違うんです。簡単な単語というのがこれ。

 

謝謝

 

テキストで勉強していると四声とピンインに気を取られます。大事なことですが、あまり気を取られすぎるとこの言葉に気持ちが乗りません。特に謝謝という言葉は気持ちを乗せることが大事です。

 

ここでわかったのが耳で聞いて覚えるということでした。

 

聞こえたことをそのまま言う

 

すると四声とピンインを気にしていたときよりも上手く言えたのです。上手く言えてからテキストをチェックすると、今度はテキストを見ただけで言えるようになりました。すべてではありませんがその傾向にあったんです。

 

聞いたことをそのまま言う ⇔ テキスト

 

この行ったり来たりがよかったようです。

中国語ピンイン表を見て勉強するパラシュート学習法

ピンインについても同じ要領でやっていきました。

 

しかしピンインのルールや発音はやたら多いんです。最初は特に多く感じます。ということで何をやったかというと、まず俯瞰しました。敵を知ることから始めたのです。パラシュート学習法です。

 

NHKのテレビで中国語テキストの巻末にあるピンイン表を見て、ピンインの数を調べました。その次にピンインの数に四声を掛け算しました。

 

ピンインの総数 ✕ 4(四声)

 

中国語基本音節表

 

これで敵の全貌が見えたのです。ここからは陣取り合戦のようにひとつひとつ塗りつぶしていきました。

 

次回は中国語の数字についてのエッセイです。

関連ページ

中国語の数字を1から1万まで言えるようになる勉強のコツ
中国語の数字を1から1万まで言えるようになる勉強のコツを紹介。中国語の数字の読み方と数え方の勉強する方法は3ステップでOK。10までの数字を覚える。1万までの数字を覚える。ナチュラルスピードで練習する。この3つ。ネイティブの友達やラジオを活用しましょう。
中国語は動詞が多くて日本語は名詞が多いという視点からの文法
中国語は動詞が多くて日本語は名詞が多いという視点からの文法を読み解きます。中国語の動詞にフォーカスしたら漢字の羅列だった中国語が凸凹に見えて動詞と名詞に区切りがついて見えてきます。これをトレーニングすると中国語のリスニングもライティングも会話も上達します。
中国語の文法は英語と日本語どちらに似ているか徹底比較
中国語の文法は英語と日本語どちらに似ているか徹底比較していきます。三カ国語を比較すると中国語の文法がより深くわかってきます。勉強することは整理することのようです。基礎を固めるには最適。日本人が疑問に思う「中国語あるある」です。
中国語会話の学校に行く前に覚えたい必ず使う3大動詞
中国語会話の学校に行く前に覚えたい必ず使う3大動詞を紹介。これを勉強しておくだけで学習が濃いものになります。中国語スカイプレッスンも同じです。独学の場合もいきなり難しい問題集をやるよりもこの3大動詞にフォーカスして学習することをおすすめします。
初心者がまず覚えたい中国語の形容詞ベストランキングTOP10
初心者がまず覚えたい中国語の形容詞ベストランキングTOP10を紹介。形容詞を身につけると表現力がつきます。例えば可愛いの中国語形容詞を使いこなせたら友達をつくるつかみはOKです。そこから台湾人の友達ができたことも何度もあります。
中国語の疑問詞を英語と比較しながら簡単に勉強する方法
中国語の疑問詞を英語と比較しながら簡単に勉強する方法を紹介。中国語の疑問詞をマスターして会話を上達させるコツです。会話はキャッチボール。疑問詞が身につくと会話の幅が広がります。これは母国語である日本語にも言えることです。
会話するように訳す中国語文法の連動文の活用の仕方と勉強法
会話するように訳す中国語文法の連動文の活用の仕方と勉強法を紹介します。脳の動きは英語の有名な教材のスピードラーニングと同じです。違う部分は右脳の動きを調整するだけなので無料です。右脳イメージ法なのでスピードラーニング効果はすぐに体感できるはずです。
中国語の介詞を英語の前置詞に変換して勉強する方法
中国語の介詞を英語の前置詞に変換して勉強する方法を紹介。パラシュート方式の中国語の勉強の仕方です。インプット、整理、アウトプットを塗り絵のように塗っていけばOKです。順番は人それぞれ。体当たりで会話している人もこれで説明がつきます。
中国語の副詞をマスターして気持ちを伝えて友達をつくろう
中国語の副詞をマスターして気持ちを伝えて友達をつくろう。副詞を自在に表現できるようになるとコミュニケーションが格段に上がります。オンラインの中国語メールでも副詞で気持ちを表現すると言いたいことが伝わりやすくなります。ぜひ活用しましょう。
中国語の能願動詞で気持ちを表現して交流を深める
中国語の能願動詞で気持ちを表現して交流を深めましょう。中国語の能願動詞の勉強は楽しむことがコツ。自宅で独学するときは友達をイメージして会話をイメージして一人二役で中国語独り言会話で練習することをおすすめします。すぐに上達しますよ。
日本語と似ている中国語の進行形と張芸謀監督映画の活着
日本語と似ている中国語の進行形。在と着と呢も組み合わせで表現します。なんとなくで表現することも多いです。着で思い出すのが張芸謀監督映画の「活着」です。進行形の生きる姿を描いています。この映画を見るとなんとなく進行形のイメージがつかめるはず。
中国語に過去形は無いというのは本当か?日本語とも比較
中国語に過去形は無いというのは本当か?日本語とも比較しながらエッセイを書いていきます。中国語の過去形は了と过で表現しますが、英語のようにはっきりとした規則はありません。日本語のようにだいたいで表現できます。過去の経験も同じです。
中国語の(結果/様態/程度)補語の勉強は習うより慣れろ
中国語の補語には結果補語、様態補語、程度補語などがあります。文法を教科書で勉強すると同時に体当たりで会話の中で慣れることをおすすめします。中国語の補語を勉強したときのエピソードを書きましたので参考にしてください。台湾人との会話でコツをつかみました。
中国語の方向補語はイメージの翼を広げるとわかりやすい
中国語の方向補語はイメージの翼を広げるとわかりやすいです。上や下もイメージを広げると派生した意味が出てきます。中国語の方向補語の勉強は連想ゲームに似ています。これが身に付くとペラペラ目前です。翼を広げて飛べるようになったとき語学曲線が急上昇します。
中国語の比較級の勉強!中国人もランキングが好き
中国語の比較級の勉強のエッセイです。中国人もランキングが好き。何かと比べます。中国人インバウンド観光客が多く来ていますが、中国語の接客販売にも比較級文法を活かすことができます。文法と同時にトークのタイミングが合えば売上も上がっていきます。
中国語の強調文法の把と是的構文をYouTube音楽で勉強
中国語の強調文法の把と是的構文をYouTube音楽で勉強。このサイトで勉強している人もいろいろいるので1.ナツメロ、2.恋愛女子向け、3.スポーツ男子向けに3曲用意しました。好きなジャンルから勉強してみてください。もちろん全部でもOKです。
テキストに書いてない中国語文法受け身の独学勉強方法
テキストに書いてない中国語文法受け身の独学勉強方法を紹介します。中国語文法の受け身のコツは漢字の意味にあります。被だと被害などネガティブなイメージです。漢字の意味で考えていくとわかりやすいですよ。YouTubeの動画勉強法もアップしておきます。
台湾や香港など方言が濃い中国語の語気助詞の勉強方法
中国語の語気助詞の勉強方法を紹介します。台湾や香港など語気助詞は方言と言ってもいいほど濃くらしさが表れます。シンガポールのOK了もいい例です。地域別に語気助詞の例を上げて体験談を交えて書いてみました。ネイティブと話してマネしてみましょう。
中国語文法の勉強エッセイ!複文イディオムを現代口語訳で攻略
中国語文法の勉強エッセイです。複文イディオムを現代口語訳で攻略する方法です。いつも使っている言葉で勉強するとすんなり頭の中に入ってきました。女子高生なら女子高生風の訳にしてみるといいですよ。一覧にしてまとめ表もつくったのでチェックしてみてください。