中国語日記に最適な無料翻訳ツール

MENU
とにかく早く中国語を話せるようになりたい人はこちら

おすすめの中国語無料翻訳ツール

翻訳クラウド

「中国語のおすすめの翻訳ツールはないですか?」という質問がよく来ます。

 

代表的なのはGoogle翻訳、その他にもスマホアプリにはいろいろな翻訳ツールがあります。しかもどれも似たりよったり。おすすめを聞かれても困っていました。

 

しかし最近見つけた翻訳ツールは使いやすくておすすめです。中国語学習者にとっても役立つツールです。

 

おすすめの翻訳ツールポイントと活用法をまとめたのでチェックしてください。


中国語翻訳ツールのおすすめの5つの理由

おすすめの理由はこの5つ

 

無料

ここは大事です。高性能の翻訳ツールを無料で使えるのはうれしい。有料プランもありますが企業向けです。まずは無料から試してみましょう。

 

無料翻訳

 

簡体字と繁体字に対応

中国語学習者にうれしい簡体字と繁体字に対応しています。「日本語から簡体字」「日本語から繁体字」の翻訳はもちろん「簡体字から繁体字」の翻訳もできます。台湾が好きな人にとってはうれしい設定です。

 

翻訳ツール

 

8言語対応

無料で8言語に対応しています。有料だと17言語。8言語で日本に来る外国人のほとんどをカバーしています。観光に関係している人も無料プランでOK。ちなみに無料プランの8言語は「日本語、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、インドネシア語、タイ語、ベトナム語」です。

 

データ蓄積

これが他の翻訳ツールとは違う最大の特徴です。自分が翻訳したデータが蓄積されます。蓄積されたデータは次回の翻訳データベースとなります。つまりあなたが台湾でのグルメ日記を書いていたらこのデータの中国語が蓄積され次回の翻訳を予測してくれます。メールアドレスとパスワードを設定するだけで世界のどこにいても活用できます。便利!

 

オンライン

上記のデータ蓄積はもちろんオンライン上で操作できます。日本にいても上海にいても台北にいてもネット環境があれば利用できます。

中国語翻訳ツール活用法

中国語の勉強でこの翻訳ツールの活用場面を考えてみました。

 

日記
3行日記を書くことをおすすめしています。このときにどうしてもわからない単語があったらこの翻訳ツールを活用しましょう。頼り過ぎはいけませんが、背中を押してくれます。

 

中国語メール
ネイティブの友達ができたときにメールのやりとりをする場面が出てくると思います。簡体字も繁体字も対応しているので、使い分けができます。これでメールを書く速度が加速するはず。

 

中国語サイト
インターネットでは中国語のサイトももちろん見ることができます。このサイトの文章をすぐに翻訳することができます。facebookの文章もOK。気になる中国語をどんどん翻訳できます。

 

翻訳ツールに頼り過ぎるのはよくありませんがある程度はOKです。勉強意欲が湧いてきます。そしてスピードも出てきます。とくにインターネットの情報はどんどん素早く流れていくので気になったときにチェックして翻訳しておくといいでしょう。

 

おすすめの翻訳ツールは「ヤラクゼン」「yarakuzen」と検索すれば出てきます。

関連ページ

中国語の電子辞書は初心者には不要!右脳イメージ勉強法
初心者には中国語の電子辞書は不要です。右脳イメージのヒラメキを大事にしましょう。電子辞書は発想力を邪魔します。会話は発想力が大事。わからない単語があるときは簡単な単語で言い換えて伝えましょう。これがコミュニケーション能力であり会話力です。
グーグル中国語翻訳サイトの精度に疑問を感じたらおすすめは百度
グーグル中国語翻訳の精度に疑問を感じたらおすすめは百度です。辞書のように翻訳するときは百度アプリサイトでチェックしましょう。インターネットの翻訳サイトはドラえもんの翻訳こんにゃくのような未来の道具みたいで便利です。
紙の中国語辞書を使った単語速読勉強法!1カ月で1冊完読
紙の中国語辞書を使った単語速読勉強法!ピンインを攻めて1カ月で1冊完読する方法です。中国語単語記憶の心理的障壁を小さくする効果もあります。aから始めてzまで1日1つ読めば1カ月以内に終わります。この方法で俯瞰すると中国語単語の全体像をつかむことができます。
石原真弓の英単語イラストブックで中国語単語を記憶する方法
石原真弓の英単語イラストブックで中国語単語を記憶する方法を紹介します。簡単な英語テキストで中国語を勉強する学習方法です。用意するものは中国語辞書とペンと英単語テキスト。そして英単語の横にどんどん中国語を書き込んでいきます。三カ国語同時に勉強できます。
映画「舟を編む」のオダギリジョーを見て中国語辞書を活用
映画「舟を編む」のオダギリジョーを見て中国語辞書を活用する方法を紹介します。辞書を海に例え海の中に単語があるようなイメージです。映画や小説を読むと中国語の勉強に活かせます。ぜひ辞書と仲良くなって読書するように読んでみてください。